受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

イベント

Print Facebook Twitter
開放事業 投稿日:2018.12.27
公開講座 「移植医療の今とこれから」 ~していますか?いのちをつなぐ意思表示~

 平成31年2月3日(日)、愛媛大学南加記念ホールにて、公開講座「移植医療の今とこれから」 ~していますか?いのちをつなぐ意思表示~を開催します。
 平成22年7月には、臓器の移植に関する法律が改正され、本人の意思が不明な場合でも、家族の同意により臓器提供が可能となりました。これらにより、脳死下における臓器提供が増加し、臓器移植への理解・関心が広がりつつありますが、本人の意思が不明な場合、難しい判断を迫られることが多くあります。
 そこで、臓器移植の現状と未来について知っていただき、大切なひとのために自ら考え、意思表示することの意味を理解してもらうことを目的に、今年度、新たに本学医学部附属病院に開設した『臓器・組織移植センター』が中心となり市民公開講座を開催します。

             

日時                               

平成31年2月3日(日) 13:30〜15:30 (受付開始13:00〜)

場所

愛媛大学南加記念ホール
(松山市文京町3 愛媛大学城北キャンパス内)

対象

一般の方(参加費無料・申込みは不要です)

定員

256人

主催                         

愛媛大学医学部附属病院

後援

一般社団法人日本移植学会、愛媛県、愛媛県医師会

問い合わせ先

愛媛大学医学部附属病院 肝臓・胆のう・膵臓・移植外科
TEL:089-960-5327

プログラム等

パンフレット(PDFファイル 267KB)