受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

博士学位論文

Print Facebook Twitter
博士の学位を授与したので,学位規則(昭和28年文部省令第9号)第8条及び愛媛大学学位規程(平成16年4月1日規則第147号)第15条に基づき,その論文の「内容の要旨」及び「審査結果の要旨」を公表します。
Uhrf1は軟骨細胞分化を制御し正常な骨格形成に必須である
課程博士(医学) 2018.02.05
80歳未満、および80歳以上のびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫患者における臨床因子と予後の解析
課程博士(医学) 2018.01.31
日本人において、n-3多価不飽和脂肪酸摂取量と血中レジスチンとの負の関連はSNP-420 G/G型において最も強い:東温ゲノムスタディ
課程博士(医学) 2018.01.31
腹部大動脈瘤形成における血管周囲内臓脂肪組織アンジオテンシンII1型受容体の役割
課程博士(医学) 2017.10.17
ラット神経障害性疼痛モデルに対する運動負荷は脊髄後角におけるRnf34とPACAP発現を抑制することにより鎮痛効果をもたらす
課程博士(医学) 2017.10.17
スタチンによるメバロン酸経路阻害はマスト細胞の脱顆粒反応を抑制する
課程博士(医学) 2017.10.17
五苓散はアクアポリン4の発現を制御することにより脳浮腫を抑制する:幼弱ラット低酸素性虚血性脳症モデルを用いた検討
課程博士(医学) 2017.10.17
HMGB1は幼弱ラット温熱誘発けいれん及び温熱誘発けいれん重積後の後天性てんかん発症を促進させる
課程博士(医学) 2017.10.17
悪性神経膠腫における新規治療法の開発‐集束超音波を用いた5-アミノレブリン酸併用超音波力学療法‐
課程博士(医学) 2017.08.18
マルチカラーフローサイトメトリーを用いた免疫担当細胞サブセット解析の原発性免疫不全症の診断への応用
課程博士(医学) 2017.08.18
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12