受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
地域・国際

外国人留学生への支援

Print Facebook Twitter

img_main_student 留学生の多様なニーズに対応した教育コースの設置や、勉強に専念できる快適な環境整備に全力を尽くしています。
 また、日本語以外の言語による支援も行っており英語によるカウンセリング、総合健康センターでは英語、中国語による情報提供、留学生に関わる学内の書類は英語、中国語で提供しています。

「留学生受入マニュアル」:教職員向けのマニュアル 留学に必要な入国や入学の手続き、書類、大学生活についてなどを記載し、留学生受け入れを円滑化にするためのマニュアル

 

外国人留学生への支援体制

日本語教育プログラム

img_student01 全留学生に対し日本語学習を奨励しており、国際連携推進機構が総合的な日本語教育を提供しています。城北、樽味の各キャンパスで開講しており、入学直後に 日本で生活するのに必要な日本語能力の養成や生活情報提供を行うサバイバル、予備教育、通常の3つのコースがあります。定員に余裕がある場合は客員研究員・配偶者の受講も可能です。

外国人留学生受入状況(愛媛大学概要P.18)

 

愛媛大学「愛媛の大学と企業が育てる高度外国人材育成プログラム ~オールえひめ構想~」

 愛媛県では少子化が進む一方で、海外進出企業の増加とそれに伴う「高度外国人材」のニーズが高まっています。このプログラムでは、愛媛大学と愛媛県経済労働部、そして地元の経済団体・企業・民間団体が連携して“オールえひめ”コンソーシアムを作り、世界から愛媛県に優秀な留学生を呼び込み、初年次から卒業まで一貫したキャリア教育と就職支援を行い、愛媛県をはじめとする日本国内の企業への就職を促進します。とくに、本プログラムでは、愛媛の企業が抱えてきた「外国人採用に対する敷居の高さ」や「外国人社員の早期離職」といった課題の解決を目指した取組を実施していきます。
 2017年、この「愛媛の大学と企業が育てる高度外国人材育成プログラム」は、文部科学省「留学生就職促進プログラム」に中四国では唯一の採択を受け、全国12拠点の一つとなりました。

留学生就職促進プログラムホームページ