!

重要なお知らせ

お知らせ
一覧へ
研究科紹介

探求の先に、拡がる世界

理工学研究科理学系では、学部で身に付けた広範な知識と学びの姿勢を更に発展させて自然法則を探究し、その成果を世界に発信することを目指しています。高度専門技術者、研究者及び教育職員として産業発展や環境保全あるいは後進の指導を担う人材となることを期待しています。

理工学研究科工学系は、学部で学んだ基礎知識を発展させ、専攻分野における高度な専門知識の習得及び応用能力の開発により、自立した創造性豊かな研究活動をすすめる高度専門職及び研究職に携わる人材を育成するとともに、地域社会及び国際社会の発展に寄与することを目的としています。

専攻・コース概要

生産環境工学専攻

現代社会では,環境に配慮した産業基盤・社会基盤の整備が求められています。生産環境工学専攻では,機械工学コースと環境建設工学コースが融合され,社会の要求に応じた最先端の教育・研究が進められています。

また地域の造船業に資するべく本専攻内に船舶工学特別コースを設置し,専任教員と本専攻教員の連携で今後の造船業を担う人材育成と技術開発に努めます。

物質生命工学専攻

科学技術の飛躍的進歩は,新素材,高機能物質の開発及び生命科学現象の有効利用に大きく依存しています。特に近年の科学技術の高度化と工業分野の多様化に伴い,新素材・新材料の開発,多彩な機能を有する新物質の設計と製造,製造プロセスの開発と環境への負荷の低減並びに生物・生体有用物質の効率的生産が求められています。

本専攻は,このような時代の要請に応えるため,物質生命工学に関する基礎から応用に至る広範な専門分野を包括し,原子・分子レベルでの材料設計,高機能物質の創造,材料の高付加価値化並びにバイオテクノロジーについての教育と研究を目指すものです。

そのため本専攻は,材料物性工学分野,材料開発工学分野,反応化学分野,物性化学分野,生物工学分野の5分野で編成され,相互に連携を図りつつ,基礎と応用に関する幅広い知識と展望に支えられた総合的で高度な研究と教育を行います。

なお本専攻は博士前期過程として機能材料工学コースと応用化学コースを有しています。

電子情報工学専攻

現代社会は生産組織と社会生活の両面で大規模広域化と複雑化の一途を辿っています。電気電子工学と情報工学はこのような社会に必要不可欠な基盤技術となっています。現代社会を維持・発展させるためには,電気電子工学と情報工学の分野に高度な専門性を持ち,かつ,ハードウエアとソフトウエア及びその基礎にある数理的手法に通じた人材の養成が強く求められます。

電子情報工学専攻は,このような社会的要請に応えるために,電気電子工学コース,情報工学コース,ICTスペシャリスト育成コースからなっています。電気電子工学コースは,電気エネルギー工学分野,電子物性デバイス工学分野,通信システム工学分野の3分野からなり,(1)電気エネルギー変換工学,(2)電気制御工学,(3)高電圧工学,(4)回路システム工学,(5)応用数学,(6)ナノエレクトロニクス,(7)半導体工学,(8)情報ストレージ,(9)光エレクトロニクス,(10)光工学,(11)通信システム工学,(12)数理工学等を主としています。情報工学コースは,情報システム工学分野,知能情報工学分野,応用情報工学分野の3分野からなり,(1)計算機システム,(2)ソフトウエアシステム,(3)分散処理システム,(4)知的コミュニケーション,(5)画像処理理解,(6)人工知能,(7)応用数学,(8)数値シミュレーション,(9)計算工学,(10)情報ネットワーク等を主としています。ICTスペシャリスト育成コースは、ICT(情報・通信技術)に関する高度で実践的な能力と幅広い知識を備えた学生を輩出すべくICTに特化した教育を行っています。これらの3コース・6分野は相互に連携しながらそれぞれの先端的研究や教育を行っています。

数理物質科学専攻

数理物質科学専攻は,現代の基礎科学の中で,数学を研究する数理科学,物理学を研究する基礎物理科学・物性科学,地球科学を研究する地球進化学の3コース(3講座)からなり,自然現象に秘められている様々な規則性や法則の発見に努め,それぞれの分野で抱えている諸問題の解決を目指している。

環境機能科学専攻

本専攻は,原子や分子を対象とする科学,生命科学そして生態環境科学にまたがるあるいは統合する分野の研究教育を発展させ,その成果を現代的諸課題の解決に反映させるために編成された。そのために,本専攻は,分子化学や物理化学等を教育研究分野とする「物質機能科学講座」,有機化学,生化学,分析化学,無機化学等を教育研究分野とする「生命物質科学講座」,細胞生物学,生理学,分子遺伝学,微生物学等を教育研究分野とする「生物機能科学講座」,動物の行動および生態,微生物の進化,海洋の生態環境科学等を教育研究分野とする「生態環境科学講座」の4講座で編成されている。各講座はそれぞれの領域の研究を発展させるとともに,相互に協力連携し,新しい視点に立った複合分野の研究や教育をおこない,目的の遂行を図る。

アジア防災学特別コース

アジア防災学特別コースの研究目的はアジア圏の自然災害の特性の解明と対策法の開発であり,教育目標は自然災害に関する高度な知識と先端的な研究能力を持つ研究者・技術者の育成です。研究は,地すべり災害,洪水災害,地震災害,海岸災害,構造物被害,情報伝達などについて行っています。

先端科学特別コース

本コースでは,コース独自のカリキュラムにより,環境科学分野,地球・宇宙科学分野,生命科学分野の3分野における高度な専門知識・技能のみならず,独創性,課題探求力,課題解決力等の研究者としての基礎力を備え,さらには自らの専門にとらわれず広く学問分野を俯瞰する視野を持ち,我が国のみならず国際的舞台でリーダーシップを発揮できる人材の育成を目標とした教育を行います。

授業紹介 I Report 一覧へ

理工学研究科の情報をもっと知る