!

重要なお知らせ

お知らせ
一覧へ
研究科紹介

教育を探究し、実践力をより高める

教育学研究科は、教育実践高度化専攻(教職大学院)と心理発達臨床専攻の2つの専攻から成り立っています。教育現場との連携を通して、教育及び専門分野の高度な知識や技能を習得し、現代の教育課題に力強く向き合うことのできるより高度な教育実践力をもつ人材の育成を目指します。

専攻概要

教育実践高度化専攻(教職大学院)

教育学研究科教育実践高度化専攻は、愛媛県の教育研究改革の拠点として高度専門職人材の育成と先端研究開発を促進し、地域の活性化に貢献します。設置するコースは、リーダーシップ開発コース、教育実践開発コース、教科領域コース、特別支援教育コースの4コースです。

心理発達臨床専攻

心理発達臨床専攻は、公認心理士、臨床心理士の資格を持ち、高い専門的知識と技能を備えた専門スタッフ(スクールカウンセラー等)として、臨床心理学的支援の場で活躍できる人材の養成を通して地域に貢献することを基本理念として、心の健康に対する社会のニーズと自己の学習課題・研究課題を明確に意識し、実践を省察しつつ先導的に学習し研究する高度な実践力をもった高度職業専門職人材の育成を目的としています。

授業紹介 I Report 一覧へ

教育学研究科の情報をもっと知る

教育学研究科SNS