受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
地域・国際

国際交流

Print Facebook Twitter
キャンパスにおける国際交流

日本人学生への教育・支援と留学生に対する教育・支援は表裏一体のものです。留学生と日本人とが共に行動し、語り合えることができ、また、勉学に専念でき る環境設備作りとして、学内の日本人学生による日本語学習支援ボランティア(J-SUPPORT)や国際交流コーディネーター(ICO)などで留学生の学 習・生活環境をバックアップしています。

日本語学習支援ボランティア(J-support)

留学生の日本語クラスのサポートするボランティア「J-support」は、本学内の日本人学生を中心に構成。毎年学内外から登録があります。留学生に対 する日本語支援を通じて、留学生と日本人との異文化交流を行い、大学内外での本学留学生に対する支援の輪を広げることが、主な目的です。語学や生活支援だ けでなく、国際連携推進機構主催行事の後方支援も行っています。

日本語ボランティアJ-supportのお知らせ

 

国際交流コーディネーター(ICO)

img_campus02愛媛大学のスチューデント・キャンパス・ボランティアの一つである、国際交流コーディネーターは、「国際交流がしたい」「留学生と友達になりたい」といっ た思いで集まった学生ボランティアグループです。留学生と日本人学生の交流の場を設けるなど、架け橋になるべく、活動しています。

International COoperate COordinator(ICO

地域における国際交流活動

勉学だけでなく、生活を楽しんでもらうためにも大切なのが地域との交流です。国際連携推進機構から、留学生を地域の小・中学校へ派遣して、留学生の母国の言葉や文化について話してもらう学校訪問やホームステイなども行っています。

留学生支援を目的として、各家庭にある余剰品や家財道具を集め、それらを必要とする留学生に提供し、これらを収蔵する倉庫「シリキリヤ」は大学の協力をえて城北キャンパス内に設けられています。

 

留学生日本語スピーチコンテスト

img_local01愛媛県留学生等交流推進会議の主催で毎年開催しているもので、国際連携推進機構はコンテストの企画運営を行っています。愛媛県下で学ぶ大学や高等専門学校 などの留学生が集い、日々の研鑚の成果を発表し、地域の方々に留学生への理解を深めてもらう機会になることを目的としています。例年、南海放送ラジオで、このコンテストが生放送されます。