受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
地域・国際

日本とインドネシアの農山漁村で展開する6大学協働サービスラーニング・プログラム(SUIJI-SLP)

Print Facebook Twitter

愛媛大学は、日本とインドネシアの6大学(愛媛大学、香川大学、高知大学、ガジャマダ大学、ボゴール農業大学、ハサヌディン大学)間でSUIJI(Six-UniversityInitiative Japan Indonesia)コンソーシアムを形成し、さまざまな共同研究・共同教育プログラムを展開しています。

SUIJI-SLPは、日本・インドネシアにおける6大学の学士課程の学生が、両国の農山漁村に1~2週間一緒に滞在し、現実の課題に取り組みながら学ぶプログラムです。学生たちは、農山漁村の現場で地元の人々と関わりながら試行錯誤する過程で、文化・言語・専門・世代の違いを超えて他者を理解し、コミュニケートする力、複雑な現実社会に向き合い、課題の本質を多角的な視点から読み解く思考力・俯瞰力、困難な状況にもあきらめずに行動する忍耐力・現状突破力などを養っていきます。

大学で学んだ知識を体験に活かすとともに、体験から生きた知恵を学ぶ。SUIJI-SLPは、日本とインドネシア、大学と地域をつないでの教育プログラムを展開することで、1次産業を基盤とした未来社会の持続的発展に貢献できる国際的なサーバント・リーダー(地域社会で献身的に貢献するリーダー)の育成を目指しています。「地域未来創成入門」「カルチャーシェアリング」「国内サービスラーニング」「海外サービスラーニング」など、所定科目の単位を取得した学生には、SUIJIコンソーシアムから「サーバント・リーダー」の資格が認定されます。

suijiパンフレットまた、修士課程においては、特に農学の6つの教育研究分野(森林、水循環、食品科学、植物環境制御、海洋生産)で、日本とインドネシアの両大学で研究指導をうけ、学位を取得できる共同学位プログラム;ジョイントディグリー・プログラム(SUIJI-JDP)が準備されています。