受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
大学生活

個人の尊重~人権侵害(ハラスメント等)の防止~

Print Facebook Twitter
  1. 愛媛大学ではすべての構成員が個人として尊重され、安心して勉学し、研究し、働けるよう、公正で人権感覚にあふれた快適な教育及び職場環境を作るべく、常に改善への努力を積み重ねていきます。
  2. 快適で実りある大学生活・教育研究環境あるいは安心して働ける職場環境を阻害するハラスメントの予防・根絶のため、その発生原因、背景、実情や問題点の解明を深め、十分な理解を得るように、広報活動を通じ、啓発に努力しています。
ハラスメントを受けたと思ったら(相談窓口・相談員名簿)

相談窓口として【代表相談連絡先】及び相談員を配置しています。

  • 「プライバシーは保護され、秘密は厳守されます。」
  • 「一人で抱え込まないようにしましょう。」

あなたが最も利用しやすいところへ相談に行ってください。もし、自分一人で行きにくいときは、親しい友人などに一緒に行ってもらいましょう。 希望する相談員に直接連絡をとることができます。相談は面談だけでなく、相談員への手紙・電話・Eメールなどでも申込が可能です。

これらのうちであなたの一番利用しやすい方法で相談員に相談して下さい。

相談窓口・相談員名簿

【代表相談連絡先】

教育学生支援部学生生活支援課
TEL:089-927-8970

総務部 就業環境推進室
TEL:089-927-9036
E-mail:sodan2@stu.ehime-u.ac.jp

どこでも相談窓口

  1. 総合健康センター
  2. 学生支援センター
  3. 各学部の学生生活担当教員
  4. 教育学生支援部の「学生何でも相談窓口」及び各学務チーム
  5. 医学部学務課教務チーム
  6. 農学部事務課学務チーム
  7. 国際連携支援部国際連携課総務企画チーム
      (International Relations Division General Affairs & Planning)
  8. 附属学校の養護教諭
  9. 医学部の産業保健相談窓口
  10. 女性未来育成センター・ひめルーム相談室
  11. 教職員相談窓口

障がいに関する相談

  1. バリアフリー推進室(学生)
  2. 障がいに関するなんでも相談(教職員)

相談員名簿

学内相談員
氏名所属職名等性別電話番号電子メールアドレス
井口 秀作法文学部教授089-927-9250iguchi.shusaku.mz@ehime-u.ac.jp
朝井 志歩准教授089-927-9299asai.shiho.mh@ehime-u.ac.jp
日野 克博教育学部准教授089-927-9475hino.katsuhiro.mc@ehime-u.ac.jp
藤田 昌子准教授089-927-9537fujita.atsuko.mu@ehime-u.ac.jp
大谷 尚之社会共創学部准教授089-927-9304 otani.naoyuki.mu@ehime-u.ac.jp
入江 賀子准教授089-927-8195 irie.noriko.jg@ehime-u.ac.jp
島﨑 洋次理学部准教授089-927-9617shimazaki.yoji.my@ehime-u.ac.jp
高田 裕美准教授089-927-9653takata.hiromi.mg@ehime-u.ac.jp
﨑山 貴代医学部教授089-960-5408sakiyama.takayo.xk@ehime-u.ac.jp
伊賀 淳一准教授089-960-5314iga.junichi.it@ehime-u.ac.jp
平田 章工学部講師089-927-9919hirata.akira.mg@ehime-u.ac.jp
福岡 訓子助手089-927-9761fukuoka.noriko.mz@ehime-u.ac.jp
小西 和彦農学部教授089-946-9927konishi.kazuhiko.eb@ehime-u.ac.jp
河田 美幸准教授089-946-9859kawada.miyuki.my@ehime-u.ac.jp
山本 恭子本部等教育学生支援部教育支援課副課長089-927-9151yamamoto.kyoko.mm@ehime-u.ac.jp
本多 恭子財務部経理調達課副課長089-927-8887honda.kyoko.mu@ehime-u.ac.jp
井上 彰法文学部准教授089-927-9337inoue.akira.mk@ehime-u.ac.jp
武山 絵美農学部教授089-946-9880takeyama.emi.me@ehime-u.ac.jp
野本 ひさ本部等教 授089-927-9294nomoto.hisa.mb@ehime-u.ac.jp
バージン ルース
VERGIN RUTH
教授090-7140-3265ruth.carol_vergin.mc@ehime-u.ac.jp
 学外相談員
氏名所属職名等性別 電話番号電子メールアドレス
小林 敬和弁護士080-1920-8514qwxny306@ybb.ne.jp
大久保 雅代臨床心理士090-2895-7849pk842435@wb4.so-net.ne.jp
田中 朋子看護師・保健師090-4787-3511tom33@topaz.ocn.ne.jp

更新年月日/平成29年4月1日

ハラスメントとは?

性別、社会的身分、人種、国籍、信条、年齢、職業、身体的特徴等の属性あるいは広く人格に関わる事項等に関する言動によって、相手方に不利益や不快感を与え、あるいはその尊厳を損なうことをいいます。

セクシュアル・ハラスメント

修学・研究・就労・課外活動などの関係において、職務上又は研究・教育上の地位を利用して交際又は性的な関係を強要する等は言うまでもなく、行為者本人が意図すると否とに関わらず、他の者を不快にさせる性的な言動をいいます。なお、セクシュアル・ハラスメントは、男性から女性に対して、また、女性から男性に対して、あるいは同性間において行われる場合もあります。

パワー・ハラスメント

職務上の地位や人間関係などの職場内の地位を背景に、業務上又は教育指導上の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える言動をいいます。

アカデミック・ハラスメント

セクシュアル・ハラスメント、パワー・ハラスメント又はその他のハラスメントのうち、教育・研究上において行われる言動を広く「アカデミック・ハラスメント」ともいいます。 教育又は研究上の地位を不当に利用して、嫌がらせや研究妨害をしたり、人格を傷つける言動をいいます。

アルコール・ハラスメント

飲酒を強要し、イッキ飲みなどをさせることをいいます。また、意図的な酔いつぶしや飲めない人への飲酒の強要は、傷害罪にもなります。

ジェンダー・ハラスメント

セクシュアル・ハラスメントと連続性があり因習的な男女の役割分担意識、すなわちジェンダー偏見に基づきます。

差別・偏見に基づくハラスメント

人種、民族、性的指向、障害の有無や出自などに対する偏見に基づく人権侵害で、人道上許されない行動や行為です。

障がいを理由とする差別の解消について
  • 2016年4月1日から、障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律が施行されました。本学においても、障がいの有無によって分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重し合いながら共生できる大学を目指し、職員が適切に対応するために必要な事項を規則で定めています。
ハラスメント加害者にならないために
  • 自分はそのつもりでなくても相手が嫌がっているのが判ったら、同じ言動は繰り返さないようにしましょう。
  • 自分は他者より優れているので、自分に従うのは当然だ、などと勘違いしないようにしましょう。
  • 相手からいつも明確な意思表示があるとは限りません。拒否の意思表示がなくても安易に合意・同意・了解と勘違いしないようにしましょう。
  • 権力を振りかざすことなく、お互いの人格を尊重しあって、日頃から良好な人間関係を築きましょう。
  • 上の地位にある者は、自分の言動が、下の者に大きな影響を与えることをいつも意識しましょう。
  • いつも相手の立場に立って考え、行動する気持ちを持ちましょう。
ハラスメントが起きないようにするためには
  • 相手に対して「不快である」ことをはっきり伝えるように努めましょう。たいてい相手が目上で言いにくいでしょうが、「やめてください」と明確に意思を伝えたり、大声で叫んだり、逃げたり、自分自身が態度で示すよう努めましょう。
  • ハラスメントをなくするために勇気を出しましょう。ハラスメントが身の回りで行われた時は、その場で被害者の立場に立って最大の努力をしましょう。
ハラスメントを受けている人がいたら
  • 不快に感じるハラスメントを目撃した場合は、その場で注意しましょう。
  • 友人に被害を相談されたら、親身になって話しを聞き、心の支えになってあげましょう。
  • 被害者は精神的に傷ついていますので、被害者の話に疑問を抱くような言葉や、被害者を責めるようなことは絶対に言わないようにしましょう。
  • 必要なら証人になり、そのときは被害者のプライバシーを守るよう注意しましょう。
  • 大学の相談窓口へ行くよう勧め、同行してあげましょう。