受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
大学案内

学長選考会議

Print Facebook Twitter

学長選考会議は、自らの権限と責任により学長の適任者を学内外から選考する組織です。
本学においての構成員は、経営協議会委員のうち5人、教育研究評議会評議員のうち5人、理事のうち2人で組織しています。

構成員

氏名現職名委員種別
稲葉 隆一愛媛経済同友会特別幹事
大一ガス株式会社代表取締役社長
国立大学法人法第12条第2項第1号委員(経営協議会選出委員)
※50音順
河田 正道南海放送株式会社顧問
髙橋 祐二三浦工業株式会社代表取締役会長
竹田 美喜松山市立子規記念博物館館長
藤岡 澄元愛媛県教育委員会教育長
前愛媛県社会福祉事業団理事長
佐野 栄教育学部長国立大学法人法第12条第2項第2号委員(教育研究評議会選出委員)
西村 勝志社会共創学部長
満田 憲昭大学院医学系研究科長
高橋 寛大学院理工学研究科長
山内 聡大学院農学研究科長
弓削 俊洋理事(教育)国立大学法人法第12条第3項委員(学長又は理事の委員)
宇野 英満理事(学術・環境)

                                               平成30年7月1日現在

議事要旨はこちら

 

※国立大学法人法抜粋

第十二条 学長の任命は、国立大学法人の申出に基づいて、文部科学大臣が行う。
2 前項の申出は、第一号に掲げる委員及び第二号に掲げる委員各同数をもって構成する会議(以下「学長選考会議」という。)の選考により行うものとする。
 一 第二十条第二項第三号に掲げる者の中から同条第一項に規定する経営協議会において選出された者
 二 第二十一条第二項第三号又は第四号に掲げる者の中から同条第一項に規定する教育研究評議会において選出された者
3 前項各号に掲げる者のほか、学長選考会議の定めるところにより、学長又は理事を学長選考会議の委員に加えることができる。ただし、その数は、学長選考会議の委員の総数の三分の一を超えてはならない。
4 学長選考会議に議長を置き、委員の互選によってこれを定める。
5 議長は、学長選考会議を主宰する。
6 この条に定めるもののほか、学長選考会議の議事の手続その他学長選考会議に関し必要な事項は、議長が学長選考会議に諮って定める。
7 第二項に規定する学長の選考は、人格が高潔で、学識が優れ、かつ、大学における教育研究活動を適切かつ効果的に運営することができる能力を有する者のうちから、学長選考会議が定める基準により、行わなければならない。
8 国立大学法人は、第二項に規定する学長の選考が行われたときは当該選考の結果その他文部科学省令で定める事項を、学長選考会議が前項に規定する基準を定め、又は変更したときは当該基準を、それぞれ遅滞なく公表しなければならない。

 

国立大学法人法第12条第8項の規定による公表事項

国立大学法人愛媛大学学長選考基準(平成29年7月26日)(PDF 260KB)
学長候補者選考について(公示)(平成29年10月6日)(PDF 282KB)
学長候補適任者の候補者推薦について(平成29年10月6日)(PDF 102KB)
  第4号様式(推薦書)(word 15KB) 
  第4号様式(推薦書)(PDF 89KB)

学長候補適任者の候補者について(公示)(平成29年11月14日)(PDF 85KB)
学長候補適任者の選考結果について(公示)(平成29年11月29日)(PDF 1MB)
意向調査投票等について(公示)(平成29年11月29日)(PDF 48KB)
学長候補者の決定について(公示)(平成29年12月15日)(PDF 139KB)

議事要録

議事要録(平成29年度~)

規則等

国立大学法人愛媛大学学長選考会議規則
国立大学法人愛媛大学学長選考規程
国立大学法人愛媛大学学長選考規程実施細則
国立大学法人愛媛大学学長選考実施細目
学長選考規程に基づく公表及び公示場所(PDF 47KB)