受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
大学案内

展示施設案内

Print Facebook Twitter

フロアガイドムービー

動画で、各常設展示ゾーンの動画を見ることができます。

第1常設展示ゾーン: 進化する宇宙と地球 Evolution of Earth and Universe
第2常設展示ゾーン: 愛媛の歴史と文化 Ehime history and culture

第3常設展示ゾーン: 生命の多様性 Diversity of Life
第4常設展示ゾーン: 人間の営み Human Activities in the Environment

エントランスホール Entrance hall

受付

スタッフがいますので、お気軽に声をおかけ下さい。
土日、祝日にはツアーガイドも受付けます。

エントランス展示

4つの常設展示ゾーンを代表する資料を展示しています。

スポット展示

特定の研究成果を適宜展示しています。

愛媛大学の歴史

愛媛大学の歴史をコンパクトに紹介しています。

大学総合情報コーナー

大学紹介映像や各学部・研究科、研究センターの資料を提供しています。

卒業アルバム検索

各年代の卒業アルバムを検索できます。
1.進化する宇宙と地球 Evolution of Earth and Universe

岩石・鉱物 岩石・鉱物 Rocks and Minerals

小さな岩石標本が伝える大いなる地球の成り立ち
 地球は「奇跡の惑星」とも呼ばれています。太古から現在まで、地球を形作る岩石はどのように変わってきたのか。我々が暮らす大地は現在のような形になるまで、どのような力が働いたのか。また、海や生命と岩石はどのように相互に関わってきたのか。過去の地球で形成された岩石・鉱物は、未来を投影する鏡でもあるのです。

古生物 古生物 Fossils

アンモナイトの形には環境に適応し進化した証がある
 古生物学は過去の生命に関する学問です。失われた生物の生活様式や環境、進化の道筋を復元するためには、生化学・数学・工学分野などの様々な科学的手法が必要です。蝦夷層群(北海道・上部白亜系)から産した様々な種のアンモナイト標本とともに、理論形態学的に再現されたアンモナイトの生息姿勢と成長様式を紹介しています。

地球深部 地球深部 Earth’s Deep Interior

人類未到のフロンティア 地球深部を「探検」する
 「ヒメダイヤ」は、愛媛大学が合成に成功した世界最硬の物質です。地球の中心は360万気圧・5000度以上の世界であり、そのような地球深部研究に必要な超高圧実験には、より硬い物質を用いることが重要です。実験のため様々な形に加工された、独特の輝きを持つ「ヒメダイヤ」の実物や、その性質・特徴などを展示しています。

地球深部 宇宙進化 Evolution of Universe

宇宙の起源と未来 未知へのあくなきチャレンジ
 ガリレオが初めて光学望遠鏡を使い始めて400年後の現在、最先端の能力を持ってすれば、100億光年離れた銀河でさえ見ることができます。愛媛大学では、銀河、ダークマター、巨大ブラックホール、宇宙の大規模構造の形成と進化、そして多様な宇宙プラズマの性質を調べ、観測と高度な数値計算により、宇宙進化の歴史を探求しています。
2.愛媛の歴史と文化 Ehime history and culture

愛媛の歴史 愛媛の歴史と文化 Ehime history and culture

愛媛の地のゆたかな歴史的遺産を次世代に語り継ぐ
 郷土の優れた歴史・文化遺産や輝かしい先人の英知を活かし、地域文化の創造・発展に寄与するため、最新の人文系研究成果を公開しています。愛媛大学が所蔵する無名の書聖・三輪田米山の日記や、世界遺産登録を目指す四国遍路に関する資料などを用いた研究から、近世・近代における新しい愛媛の姿を発見することができます。
3.生命の多様性 Diversity of Life

環境科学 環境科学 Environmental Studies

ウェッデルアザラシが問いかける地球環境
 愛媛大学は、今や世界から研究者が集まる環境科学研究の国際的な拠点です。複雑化し深刻化する環境問題解決に取り組む多彩な研究成果を公開しています。南極で捕獲したウェッデルアザラシの巨大標本は圧巻。これらの研究試料を分析すると、人間の営みがいかに環境に大きな影響を及ぼしているのかを知ることができます。

環境科学 昆虫 Diversity of Insects

昆虫の多様性 120万点を超える日本トップクラスのコレクション
 現在、昆虫類は約100万種知られていますが、地球上にはまだその30倍の未記載種がいると推定されています。これほどの多様性を誇る生物群であるにも関わらず、昆虫の持つ機能や有用物質は、現在それほど有効利用されていません。それらが必要となる未来のために、昆虫の多様性を引き継いでいかなければなりません。

環境科学 生命科学工学 Life Science and Biotechnology

世界でオンリーワンのタンパク質合成テクノロジー
 愛媛大学で開発した無細胞タンパク質合成技術は、40億年の生命活動の進化シナリオと現生命体ドラマの読破に向けた、世界でオンリーワンの新世代バイオ技術です。細胞内情報伝達系の解明、マラリアワクチン開発、試験管内でのタンパク質の機能改良、さらにはグリーン環境エネルギー研究など、多彩な取組みを公開しています。
4.人間の営み Human Activities in the Environment

環境科学 文京遺跡 Archaeological Sites on the Campuses

豊富な出土資料が語る足下の歴史
 愛媛大学の城北キャンパスは、文京遺跡という遺跡の上に所在しています。そのため大学では、キャンパス整備に伴う調査を行い、この場所に刻まれた人間の営みを追究してきました。その結果、とくに弥生時代中期(約2,000年前)には、西日本でも屈指の規模を誇る大集落であったことが明らかとなっています。

環境科学 古代鉄文化 Iron and Human

鉄の歴史から文化を学ぶ
 日本のたたら製鉄は、世界に類を見ない良質な鋼を生産し、歴史を支えてきました。現代でも私たちの生活から鉄が消えることはありません。そんな鉄の歴史を紐解くため、センターは世界各地で調査を行い、遺跡から得た情報により、いにしえの技術を復元して製鉄実験を行っています。技術大国、日本。製鉄はものづくりの原点です。
特別展・企画展 Special exihibitions
 企画展示スペースと多目的ルームでは、各学部や研究センターなどと連携し、話題性のある現代的・歴史的テーマに沿った企画を展示しています。
 詳しくは、「開催中・近日中のイベント」やイベントカレンダーをご覧下さい。
昆虫展
恐竜展
中国少数民族伝統衣装展
「日本残像」放送大学所蔵コレクション展
その他施設 Others

ラウンジ

ゆったりと落ち着いた雰囲気の休息スペース

昆虫標本収蔵展示室

120万点にのぼる国内有数の昆虫コレクションを収蔵

ミュージアムガーデン

芝生の中庭は食事も楽しめる憩いのスペース

ミュージアムカフェ

香り高いコーヒーやホットドック・カレーライスなどを用意

歴史を学ぶ庭

足下に眠る文京遺跡の歴史へ誘う空間