受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
大学案内

施設利用について

Print Facebook Twitter

-イベント等による大学施設の利用再開について-

 本学では、新型コロナウイルス感染拡大防止のため禁止しておりました、イベント等による大学施設(宿泊施設を含む)の利用を、令和2年6月11日より再開しております。
 利用にあたっては、感染拡大防止の観点から、施設利用の条件を設けておりますが、令和2年6月19日より、愛媛県の警戒レベルが「感染警戒期」から「感染縮小期」へ移行したことに伴い、利用の条件を一部緩和いたしました。  学内での感染防止のため、引き続きご理解とご協力ほどよろしくお願い申し上げます。

令和2年6月19日
財務部財務企画課

施設利用の条件

1.「愛媛県対新型コロナ防衛戦略」のイベント等の取扱いに準拠していること。

2.感染発生時の参加者への確実な連絡体制が整っていること。

3.特定(警戒)都道府県、感染拡大注都道府県及び海外(渡航歴を有し、 帰国後2週間を経過していない場合も含む)からの参加者がいないこと。

4.利用にあたっては、3密回避等の感染防止対策を徹底すること。

   本学が示す「施設利用にあたっての感染防止対策」を実施すること。

※・愛媛県のイベント等の開催基準(6月19日以降)

     屋内 1,000人以下、かつ、施設の収容定員 50%以内

   ・新型コロナウイルス感染拡大状況により、本学の警戒レベルが引き上げられた 場合は、再度利用を停止します。

 

 本学の施設は、学術研究、社会教育、体育振興、公共活動等の発展のため適当と認めた場合に限り、本学の行事、授業及び課外活動を妨げない範囲内において、学外の方も利用することができます。但し、政治活動、宗教活動及び営利目的での利用は認めません。

使用目的

  1. 学術研究を目的とする場合(講演会、研究会等)
  2. 社会教育を目的とする場合
  3. 公共活動を目的とする場合
  4. その他(検定試験等)

利用施設

利用可能施設一覧(PDFファイル 146KB)

※平成29年4月1日より使用料を改訂しました。

申込方法等

  1. 授業等の関係上使用できない場合がありますので、希望日に教室等が利用できるかどうか、各管理部局(空き状況等問い合わせ先)へお問い合わせください。
  2. 使用可能であった場合は、使用日の1ヶ月前までに「施設一時使用申込書」を記載の上、各管理部局(手続き窓口)へ提出してください。
  3. 希望施設を使用することが承認されると、「施設一時使用承認書」(以下「承認書」という。)と請求書をお渡しします。
    使用料は、当該請求書に記載する期限までにお支払いください。
    また、承認書及び支払い済みの領収書等(支払を証明する書類)は、施設使用当日に必要となる場合がありますのでご持参ください。

施設一時利用申込書(wordファイル 10KB)

使用上の注意及びお願い

使用料について

使用料を期限までに支払わないときは、使用の承認を取り消します。
また、使用者自身の都合により使用を取りやめた場合、並びに使用者の責に帰すべき事由により本学が使用承認を取消または変更した場合は、使用料は返還しません。
ただし、本学の都合により使用承認を取消または変更した場合は、使用料の全部または一部を返還します。

使用の変更または中止したいとき

使用を承認された施設の使用日時を変更しようとするとき、または使用を中止しようとするときは、事前に書面により、当該部局の承認を受けてください。

使用時間について

承認された時間には、準備から後片付けを含んでいますので、時間内に全て終了するようにしてください。
施設の1日の使用時間は、原則8時30分から17時00分までです。
時間外の使用については、各管理部局(手続き窓口)へお問い合わせください。

事前の打ち合わせについて

土・日・祝日の使用については職員がおりませんので、事前に打ち合わせ等を行ってください。

教室の施錠等について

使用当日の建物出入り口は、原則として警備員が解錠・施錠いたします。
使用者は当日守衛室まで使用および終了する旨を申し出てください。

ゴミ等について

ゴミ等については、参加者に持ち帰りを奨励し、使用者は忘れ物等がないよう終了後確認してください。

照明器具、エアコン等について

照明器具、エアコン等を使用した場合には、終了後必ずスイッチ等が切れていることを確認してください。また、トイレの照明器具も併せて確認願います。

本学が使用を取消等する場合について

次に該当する場合は、承認の取消または使用日時を変更していただきます。
なお、当該取消または変更により、使用者にいかなる損害が生じても、本学はその責は負いません。

  • 使用目的と相違し、または使用条件を遵守しないとき。
  • 使用料を期限までに支払わないとき。
  • 本学が当該施設を必要としたとき。
  • その他管理運営上支障があると認められたとき。

転貸の禁止について

使用承認のあった施設の転貸は禁止します。

事故の責任について

使用者は、不可効力による災害を除き、使用中に生じた一切の事故についてその責を負わなければなりません。

修理または弁償について

使用者が故意または過失によって施設を損傷したときは、本学の指示に従って速やかに修理または本学が認定した額を弁償していただきます。

自動車等の構内乗り入れについて

本学施設の使用に際して、構内への自動車・バイクの乗り入れはできませんので、ご注意ください。
なお、周辺の民間商業施設等への駐車は厳に慎んでいただくようお願いいたします。