受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

イベント

Print Facebook Twitter
開放事業 投稿日:2020.01.16
愛媛大学プロテオサイエンスセンター第7回学術シンポジウム

第7回学術シンポジウムポスター

 令和2年2月15日(土)に、「難病のプロテオ医学研究2020 Cell Growth, Replication Stress and Genomic Instability in Cancer」と題して、プロテオサイエンスセンター第7回学術シンポジウムを開催します。
 皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

日時

令和2年2月15日(土)13:00~17:15

場所

愛媛大学医学部創立40周年記念講堂

講演

〈特別講演Ⅰ〉
「難治性DNA損傷がもたらす疾患発症の分子機構」
京都大学大学院医学研究科 准教授 笹沼 博之

〈特別講演Ⅱ〉
「複製ストレス抑制因子SLFN11によるDNA障害型抗がん剤感受性の
増強メカニズム~More SLFN11 More Drug Sensitivity~」
慶應義塾大学先端生命科学研究所 特任准教授 村井 純子

〈特別講演Ⅲ〉
「老化細胞の代謝特性とsenolysisによる加齢性変化の改善」
東京大学医科学研究所 教授 中西 真

〈一般講演〉
愛媛大学プロテオサイエンスセンターおよび愛媛大学大学院医学系研究科の2名が、それぞれの研究・取り組みをお話しします。

ポスターはこちら

愛媛大学プロテオサイエンスセンターホームページ

〈プロテオサイエンスセンター〉