受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

イベント

Print Facebook Twitter
開放事業 投稿日:2020.09.17
【参加者募集】プロテイン・アイランド・松山2020講演会を開催します

 愛媛大学、愛媛県、松山市、松山商工会議所、愛媛経済同友会は、「プロテイン・アイランド・松山」と銘打ち、愛媛大学が開発した無細胞タンパク質合成技術を愛媛の地域経済の活性化につなげる活動を行っています。このたび、その活動の一環として、愛媛県果樹研究センターと愛媛大学プロテオサイエンスセンターが無細胞タンパク質合成技術を用いて開発した、カンキツウイルスを高精度で検出する技術を紹介する講演会を開催します。

 カンキツウイルスにより引き起こされるカンキツウイルス病は、カンキツの栽培現場で問題になっている病害の一つで、感染した樹木では果実の糖度が低下するなどの症状が現れますが、現時点では感染した樹木からウイルスを除去する方法がないため、カンキツウイルスを高精度で検出する技術により感染した樹木を早期発見することが、感染被害の拡大を防止する唯一の手段となります。

 今回は、この技術を直に体験していただける簡易実験も行いますので、農業関係者のみならず、この技術を現場で利用しやすくするための検査キットの開発や製品化にご興味のある企業様のご来場をお待ちしております。

講演会「植物ウイルスと農業被害~カンキツウイルス検査キットの開発~」

日時

令和2年11月9日(月) 15:00~17:15

場所

テクノプラザ愛媛 テクノホール (松山市久米窪田町337-1 駐車場有)

参加費

無料

参加資格

お住まいや職場が愛媛県内にある方

参加人数

先着50人

プログラム

講演1 植物ウイルスについて(仮)
     愛媛大学農学部 小林 括平 教授

講演2 愛媛県におけるウイルスによるカンキツの被害について(仮)
     愛媛県農林水産研究所 果樹研究センター 青野 光男 主任研究員

講演3 カンキツウイルス検査キットの開発
     愛媛大学プロテオサイエンスセンター 野澤 彰 講師

デモンストレーション カンキツウイルス検査キットの使い方について
     愛媛大学プロテオサイエンスセンター 野澤 彰 講師

申込

プロテイン・アイランド・松山のウェブサイトからお申込みください。
申込サイトはこちら(10/1から申込開始)

【注意事項】
★当日、体調がすぐれない方はご来場をご遠慮ください。
★新型コロナウイルス感染対策のため、会場ではマスクの着用や手指の消毒等にご協力ください。
★定期的に換気を行いますので、調節できる服装でお越しください。
★新型コロナウイルスの感染状況によっては、ウェブ開催となる場合があります。

★プログラム等の最新情報は、プロテイン・アイランド・松山のウェブサイトでご確認ください。

チラシはこちら(PDFファイル 1,083KB)

このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。 このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。 このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。

愛媛大学プロテオサイエンスセンター

Tel
089-927-9686
Mail
pim2020@pim-sympo.jp