受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

イベント

Print Facebook Twitter
開放事業 投稿日:2016.07.29
【受付終了しました】学術講演会「俳句とHaiku-英語になった俳句を通して英語、そして日本語を考える-」

下記の学術講演会は、申込人数が定員に達しましたので受付を終了しました。

日時

lib2016_finish0531

ポスターデザイン:和田菜穂子

平成28年9月29日(木)14:00~15:30

講師

東京大学名誉教授 
池上 嘉彦(いけがみ よしひこ)氏

開催場所

愛媛大学南加記念ホール(城北キャンパス)

参加費

無料(どなたでも参加できます)

講演要旨

芭蕉のよく知られた句、「古池や蛙とびこむ水の音」を英語に訳して紹介することになったとします。例えば、「古池」を ‘old pond’ と訳して大丈夫でしょうか。英語話者は日本語の「古池」という語と同じイメージを心に描いてくれるでしょうか。この句は昼の句、それとも夜の句?「蛙」は単数でしょうか、複数でしょうか。英語訳を聞いたアメリカの学生は、 ‘So what?’ とか ‘What of it?’ と反応するそうです。どうすればよいでしょうか。「翻訳」は私たちにずいぶん多くのことを英語についても、日本語についても教えてくれます。

講師略歴

1934年京都市の生まれ。B.A.、 M.A.(東京大学)、M.Phil.、 Ph.D. (Yale University)。現在、東京大学名誉教授(言語情報科学)、日本認知言語学会名誉会長。インディアナ大学、ミュンヘン大学、ロンドン大学、ベルリン自由大学、北京日本学センターなどで客員教授。著書:『記号論への招待』、『「する」と「なる」の言語学』、『<英文法>を考える』など多数。

申込方法

8月5日(金)までに、下記申込先へお名前とご連絡先(電話番号およびメールアドレス)をお知らせください。定員に達し次第受付は終了いたします。
※駐車スペースがありませんので、公共交通機関をご利用ください。

お申込・お問い合わせ先

愛媛大学図書館事務課 総務チーム
TEL: 089-927-8835
FAX: 089-927-8847
E-Mail:soumu@lib.ehime-u.ac.jp

学術講演会ポスター(PDFファイル 2MB)