受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

プレスリリース

Print Facebook Twitter
投稿日:2019.11.19
新しいtRNA修飾酵素を発見-無酸素環境下で鉄と硫黄を含む酵素が関わる反応機構を解明-

 岐阜大学工学部の横川隆志教授、大野敏准教授、尾木野弘実助教、及び研究室修了生・卒業生の能村友一朗博士、安田旭宏さん、日浦恵太さん、仲田沙織さん、岐阜大学工学部の安藤香織教授、岡夏央准教授、愛媛大学大学院理工学研究科の堀弘幸教授、平田章講師、および研究室修了生の河村卓哉博士で構成される研究グループは、タンパク質が作られる際に重要な働きをするトランスファーRNA(tRNA)とよばれる生体高分子に含まれるアーケオシンという化合物がどのように作られるかを、世界で初めて分子レベルで解明しました。
 本研究成果は、英国の国際誌「Nature Chemical Biology」(電子版)2019年11月19日付(日本時間午前1時)に掲載されました。

プレスリリース資料はこちら(PDFファイル 1,171KB)

このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。 このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。 このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。

大学院大学院理工学研究科教授 堀 弘幸

Tel
089-927-8548
Mail
hori.hiroyuki.my@ehime-u.ac.jp