受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

プレスリリース

Print Facebook Twitter
投稿日:2020.01.09
私たちの身近な危険生物の謎を解明~フタホシドクガの幼虫と食樹の発見~

概要

愛媛大学大学院農学研究科 吉冨博之准教授と千葉県立中央博物館 尾崎煙雄主任上席研究員は、これまで未知だったフタホシドクガの幼虫期とその食樹を発見しました。
この発見には、2つの興味深い点があります。1つは本種の幼虫が毒刺毛を有する衛生害虫として重要な点です。もう1つは寄生性植物のヤドリギを食樹としている点です。ヤドリギを専門に食べる鱗翅目の昆虫はこれまで日本から知られていませんでした。
本研究成果は、2019年12月30日に日本昆虫分類学会が発行する学術誌「Japanese Journal of systematic Entomology」に掲載されました。

プレスリリース資料はこちら(PDF 471KB)

このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。 このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。 このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。

愛媛大学大学院農学研究科(愛媛大学ミュージアム兼任) 准教授 吉冨 博之

Tel
089-946-9898
Mail
hymushi@agr.ehime-u.ac.jp