受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

プレスリリース

Print Facebook Twitter
投稿日:2016.06.16
世界初! 妊娠中の牛乳摂取が、産後うつ症状の予防効果を示唆

愛媛大学が主導する共同研究チーム(国立保健医療科学院、東京大学、琉球大学)が、世界で初めて、妊娠中の牛乳摂取が産後うつ症状に予防効果があることを示唆する研究成果を発表し、平成28年6月3日発行の学術誌「Nutrition Research」に掲載されました。
乳製品の摂取と産後うつ症状との関連について調べた疫学研究は、これまでに日本人を対象とした研究が1つあるのみで、その研究では有意な関連は認められませんでした。今回、妊娠中から母親と生まれた子供を追跡調査した「九州・沖縄母子保健研究」のデータを活用し、栄養情報と産後うつとの関連を調べた結果、牛乳の摂取により、産後うつ症状のリスクが有意に低下することがわかりました。
今後、牛乳の摂取と産後うつ症状のリスク低下の関連を確実にするために、更なる研究データの蓄積が必要となりますが、産後女性の10~15%が産後うつ病にかかるといわれている現代において、非常に関心の高い研究成果であるといえます。

掲 載 誌

Nutrition Research

論文タイトル

Milk intake during pregnancy is inversely associated with the risk of postpartum
depressive symptoms in Japan: The Kyushu Okinawa Maternal and Child Health Study
九州・沖縄 母子保健研究 4ヶ月時追跡調査の結果:妊娠中乳製品、カルシウム及びビタミンD 摂取と産後うつ症状リスクとの関連

著 者

三宅吉博、田中景子、大久保公美(国立保健医療科学院)、佐々木敏(東京大学)、古川慎哉、荒川雅志(琉球大学)

プレスリリース資料はこちら

このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。 このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。 このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。

愛媛大学大学院医学系研究科 疫学・予防医学講座 教授 三宅 吉博

Tel
089-960-5283