受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

プレスリリース

Print Facebook Twitter
投稿日:2017.12.21
【12月26日】HIV感染治療薬の標的分子:CCR5による骨代謝調節機構を解明-CCR5標的治療が骨粗鬆症の治療にもメリットがある可能性が明らかに-(記者会見の実施)

このたび、プロテオサイエンスセンター 李 智媛 助教、飯村忠浩 教授らの研究グループは、 HIV感染治療薬の標的分子であるCCR5が骨の代謝も調節していることを解明しました。リンパ球の細胞の表面にはCCR5という分子があり、HIVはこの分子を介して感染します。抗CCR5治療薬はHIV感染患者の延命に大きく貢献していますが、高齢化に伴う運動器疾患への影響が懸念されていました。李助教らは、CCR5が骨を吸収する破骨細胞にも存在し、CCR5の機能抑制は破骨細胞の骨吸収能を抑えることを解明しました。さらに、動物実験では、CCR5の機能抑制が骨粗鬆症を抑えることを発見しました。これらの実験観察は、抗CCR5治療薬はHIV感染症のみならず、骨粗鬆症を始めとする骨吸収性疾患に対してもメリットをもたらす可能性を明らかにしました。この研究成果に関する論文は、2017年12月20日付けでNature Communicationsに掲載されました。

日時

平成29年12月26日(火)10時00分~

場所

愛媛大学医学部管理棟2階 中会議室(2)

会見者

愛媛大学プロテオサイエンスセンター長 坪井 敬文
愛媛大学プロテオサイエンスセンター 教授 飯村 忠浩
愛媛大学プロテオサイエンスセンター 助教 李 智媛

駐車場

有(無料駐車券をお渡ししますので、受付にお申し出ください)
※記者会見終了後、研究成果につながる実験を行った研究室の見学を予定しています。

研究の概要等は、プレスリリース資料をご参照ください。

プレスリリース資料はこちら(PDFファイル 1,480KB)

このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。 このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。 このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。

プロテオサイエンスセンター 飯村忠浩

Tel
089-960-5450
Mail
iimura@m.ehime-u.ac.jp