受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

プレスリリース

Print Facebook Twitter
投稿日:2018.07.13
【7月9日~】オンライン講座「gacco®(ガッコ)」を活用した、特別支援学校教諭の一種・二種免許状の取得および免許状の領域追加に向けた取り組みの実施

 国立大学法人愛媛大学(以下、愛媛大学)と株式会社ドコモgacco(東京都港区、代表取締役社長 嶋本由紀子)(以下、ドコモgacco)は、ドコモgaccoが提供する法人向け研修配信サービス「gacco ASP」にて、「特別支援学校教諭免許法認定通信教育」を2018年7月9日(月)より開講しています。
 この通信教育は、愛媛大学が文部科学省より受託した事業(特別支援教育に関する教職員等の資質向上事業(指導者養成講習会))の一環として実施するものであり、特別支援教育を担当する現職教員の専門性向上と特別支援学校教諭免許状の保有率向上を目指しています。

特別支援学校教諭一種・二種免許状の取得と免許状の領域追加に対応可能な体制を整備

今年度は、開設講座を12講座に増やし、特別支援学校教諭一種・二種免許状の取得と免許状の領域追加(全5領域:知的障害、肢体不自由、病弱、視覚障害、聴覚障害)に対応可能な体制を整えました。本認定通信教育を受講することで、二種免許状の取得を目指すだけでなく、現在二種免許状を保有している方が一種免許状の取得を目標とすること、そして視覚障害と聴覚障害の領域追加の申請も可能となりました。
通信教育のツールとして、昨年度に引き続き、「gacco®(ガッコ)」を使用します。受講者は、配信動画の視聴を通じて「いつでも」「どこでも」学ぶことができるとともに、確認テスト・レポート機能や、受講者同士での議論・質疑を行うディスカッション機能を活用することで、専門的な知識・技能をより深く学ぶことができます。
従来の対面式の認定講座では、開催時期と受講者の勤務校の行事予定が合わない、開催地と居住地の距離が離れている等の理由ですべてのカリキュラムの修了に数年を要していましたが、本学の認定通信教育は最短で1年での修了が可能となるなど、短期間での専門性の向上や免許状の取得申請も可能になると期待しています。

ドコモgaccoでは、こうした取り組みに「gacco ®(ガッコ)」を利用できる意義は大きいと考えており、今後も幅広い用途に活用することで、受講生にとって付加価値が高い新たな学習モデルの開発に寄与してまいります。

「特別支援学校教諭免許法認定通信教育」 概要

講座名

 「愛媛大学特別支援学校教諭免許法認定通信教育」

講師

愛媛大学 教育学部 特別支援教育講座 准教授 博士(心理学) 苅田 知則

実施期間

第1期:2018年7月9日(月)~10月21日(日)
第2期:2018年9月25日(火)~12月27日(木)

対象

(1)特別支援学校教員のうち基礎免許状で授業を行なっている者、もしくは特別支援学校教諭二種免許状を有している者で一種免許状の取得を希望する者。
(2)幼稚園、小学校、中学校、高等学校及び中等教育学校の現職教員で、特別支援学校教諭二種免許状取得を希望する者。
(3)特別支援学校教諭の免許状を有している者のうち、領域追加を希望する者。

講座

第1期
肢体不自由者教育総論(第2欄)
病弱者教育総論(第2欄)
視覚障害者の心理・生理・病理特性と支援(第2欄)
聴覚障害者の心理・生理・病理(第2欄)
見えの困難への対応(第3欄)
重度重複障害児の健康教育(第3欄)

第2期
特別支援教育概論(第1欄)
知的障害者教育総論(第2欄)
聴覚障害者の教育課程と指導法(第2欄)
視覚障害者の教育課程と指導法(第2欄)
障害支援機器を用いた合理的配慮概論(第3欄)
重複障害児教育総論(第3欄)

定員

600名(12講座合計)

その他

講座の単位を修得するためには、最終試験を受験する必要があります。
最終試験については、本学認定通信教育のHP
http://ehimeuniv-ninteikoshu.jp/をご確認ください。

*「gacco」は株式会社ドコモgaccoの登録商標です。

プレスリリース資料はこちら(PDFファイル 564KB)

このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。 このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。 このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。

愛媛大学教育学部 苅田、樫木

Tel
089-927-9517
Mail
eu.ninteikoshu@gmail.com