受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

トピックス

Print Facebook Twitter
その他 投稿日:2019.10.09
「情報セキュリティセミナー」を開催しました【9月20日(金)】

 令和元年9月20日(金)、総合情報メディアセンターメディアホールにおいて、国立情報学研究所サイバーセキュリティ研究開発センター長の高倉弘喜教授を講師としてお招きし、部局等情報システム責任者・情報システム管理者・ネットワーク管理者をはじめとする教職員を対象に「情報セキュリティセミナー」を開催しました。
 第1部として、霞が関の各省庁での情報セキュリティ対策における重要な役割を担われ、豊富なご経験をお持ちの高倉教授による「サイバー攻撃による被害発生を想定した運用継続手法」と題した講演がありました。講演では、導入が進みつつあるAIを活用した初期段階のセキュリティインシデントへの自動対応システムの動向やCSIRT等対策チームの業務フローを考慮したセキュリティインシデントの初期対応について事例をもとに解説していただき、今後のセキュリティインシデント管理のあり方や戦略マネージメント層の人材育成の必要性について説明いただきました。
 第2部は、CSIRT(情報セキュリティインシデント対策チーム)担当者から、活動状況及び愛媛大学サイバーセキュリティ対策等基本計画についての報告がありました。

高倉教授による講演

<研究支援部情報システム課>