受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

トピックス

Print Facebook Twitter
研究 投稿日:2016.06.01
大学院理工学研究科の座古保教授らの研究グループは、酸化ストレス環境下で生成するポリアミン化合物がアルツハイマー病の原因物質であるアミロイド凝集を抑制することを見出しました
 大学院理工学研究科座古保教授らの共同研究グループは、酸化ストレス環境下で生成するポリアミン化合物が、アルツハイマー病の原因物質であるアミロイド凝集を抑制し毒性を中和することを発見しました。今後、様々な疾患の機構究明や治療法の開発に貢献すると期待できます。