受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

トピックス

Print Facebook Twitter
研究 国際 投稿日:2016.11.14
大学院理工学研究科矢田部龍一教授と社会共創学部ネトラ・バンダリ准教授がInternational Consortium on Geo-disaster Reductionの「Outstanding Paper of Year 2015」を受賞しました【10月11日(火)】

 平成28年10月11日(火)、大学院理工学研究科生産環境工学専攻矢田部龍一教授と社会共創学部環境デザイン学科ネトラ・バンダリ准教授が、中国四川省成都市で開催された「The 14th International Symposium on Geo-disaster Reduction」開会式典で、International Consortium on Geo-disaster Reductionの「Outstanding Paper of Year 2015」を授与されました。

 受賞した論文は、ネパールの中山間地域の住民と学校教員を対象にした防災意識調査の分析に基づいて、ネパールの地域住民の防災力向上と学校防災教育の実施に向けての課題を整理するとともに、防災教育の展開策について検討したものです。本論文は、ネパールの地域並びに学校における防災教育の現状と課題について初めて明らかにしたものであり、本論文の成果がネパールの防災教育の発展に大いに貢献すると期待されています。

 

<工学部>