受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

トピックス

Print Facebook Twitter
教育 研究 学生 投稿日:2010.03.10
学校法人松山大学と教育・研究交流に関する協定書を調印

 平成22年3月5日(金)、愛媛大学本部にて、松山大学と教育・研究交流協定の調印式を行いました。

 本学と松山大学は、大学間の連携を推進し、両大学における教育研究資源を有効活用することにより、「愛媛県の知の拠点」として、教育研究水準のさらなる高度化、地域が求める人材育成の推進、社会貢献に寄与することを目的として、包括的な交流協定を締結しました。
 調印式には、柳澤康信学長、森本三義松山大学理事長・学長を始め、両大学の理事・副学長ら関係者が出席しました。両学長は、挨拶の後、協定書に署名し、強力な連携を約束して固い握手を交わしました。 

 この協定により、既に締結している単位互換協定、学生、教職員の交流に加え、松山大学薬学部5年生の実務実習の受入を契機として、文理融合型及び薬学を中心とした基礎・臨床分野の共同研究の推進、学生参加型の教育プログラムを共同で実施するなど、両大学が緊密かつ組織的に連携・協力を推進していきたいと考えています。
 今後、交流を円滑かつ効果的に実施するために、両大学の代表者等で構成する「連携推進会議」を設置し、より具体的な事業の実施に向けて取り組んでいきます。

<広報室>