受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

トピックス

Print Facebook Twitter
研究 投稿日:2017.03.13
「Workshop on Materials Science under Ultra-High Pressure」を開催しました【3月2日(木)~3日(金)】

 平成29年3月2日(木)~3日(金)、総合研究棟I 4Fの共通会議室で、超高圧材料科学に関するワークショップ「Workshop on Materials Science under Ultra-High Pressure」を開催しました。

 はじめに、八尋秀典理工学研究科長が、本学では超高圧場を利用した物質・材料科学を中期計画の柱として推進していることを紹介し、続いて、松下正史超高圧材料科学研究ユニット長が、学会の垣根を超えた超高圧科学のコミュニティー作りの場としてのワークショップの位置づけを説明しました。

 その後、北は北海道から南は九州まで、全国各地から集まった31人の先端研究者が講演を行い、80人以上が参加する盛大なワークショップとなりました。物理、化学、セラミクス、金属など各種学会の垣根を超えた議論が活発に行われ、今後も本ワークショップを定期的に開催してほしいとの期待をいただきました。本学では超高圧材料科学研究ユニットを中心に、今後とも超高圧材料科学の発展に寄与していきます。

<工学部>