受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

トピックス

Print Facebook Twitter
研究 投稿日:2017.06.30
大学院理工学研究科博士前期課程1年渡部 裕貴さんが「日本材料学会四国支部第15回学術講演会」で優秀講演発表賞を受賞しました【4月15日(土)】

 平成29年4月15日(土)に高知工科大学 (高知県香美市)で開催された日本材料学会四国支部第15回学術講演会で、大学院理工学研究科博士前期課程1年渡部 裕貴さん(生産環境工学専攻機械工学コース)が、日本材料学会四国支部優秀講演発表賞を受賞しました。

 この優秀講演発表賞は、本四国支部学術講演会で口頭発表を行った学生の中から選出されるもので、今回は、14件の口頭発表の中から2件選出されました。 

 今回受賞した研究は、「石炭焼却灰充填樹脂材の力学特性」です。火力発電などで排出される石炭焼却灰(フライアッシュ)を用いた樹脂の各種環境下での力学特性を詳細に調べたものであり、講演の発表態度、プレゼンテーションの内容、質疑応答などが高く評価され、受賞に至りました。

受賞した渡部さんの写真です

受賞した渡部さん

 

<理工学研究科>