受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

トピックス

Print Facebook Twitter
その他 投稿日:2018.02.20
沿岸環境科学研究センターの野見山桂准教授が第14回三浦保環境賞で奨励賞を受賞しました。【2月5日(月)】

 三浦保環境賞は、地域社会に貢献したいという三浦工業元会長である(故)三浦保氏の願いの下、愛媛県内において環境保護活動を続けている個人または団体を紹介するとともに、特に優れた活動を表彰することで、愛媛における環境活動の普及・発展に寄与することを目的としています。
 この度、第14回目となる三浦保環境賞の授賞式が2月5日に中村時広愛媛県知事、大橋裕一学長、森田昌敏愛媛県環境創造センター所長らの出席のもと、全日空ホテルで行なわれ、愛媛大学沿岸環境科学研究センターの野見山桂准教授が奨励賞を受賞しました。近年、ライフワークとして取り組んできた、自然の動植物の美しさをありのままに撮影し、写真を通して環境保護の重要性を訴える活動が高く評価されたものです。
 なお、野見山准教授は、3月3日(土)13:30より南加記念ホールで開催する、愛媛大学校友会人材活用センター主催の「講演会と軽音楽の午後」において、「自然写真を通して環境問題を考える」と題した講演を行います。

愛媛大学校友会人材活用センター主催「講演会と軽音楽の午後」
http://koyu.ehime-u.jp/koyu/npo/2018/01/h3033.html

<沿岸環境科学研究センター>