受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

トピックス

Print Facebook Twitter
教育 学生 その他 投稿日:2018.03.31
西日本学生リーダーズ・スクール(UNGL)が「リーダーシップ・チャレンジinサイパン」を実施しました【2月24日(土)~3月3日(土)】

 平成30年2月24日(土)~3月3日(土)、本学が代表校を務める西日本学生リーダーズ・スクール(UNGL)は「リーダーシップ・チャレンジinサイパン」を実施しました。

 この研修は、価値観・立場・文化・言語的背景などが異なる組織での協働活動を通して、リーダーシップに関するスキル・知識・態度を身につけることを目的として、平成25年度から毎年実施しています。
 今年度は、北マリアナ諸島自治連邦区公立学校機構の協力の下、学生チームによるサイパンの小中学校での教育実習及び日本の文化等を紹介する全校企画の実施と、ホームステイ体験を通じたグローバル社会におけるリーダーシップやコミュニケーション能力の養成に取り組みました。今回は、UNGL連携校等の学生50人、学生スタッフ6人、教職員スタッフ11人の計67人が12の大学・短期大学から参加しました。

集合写真

 

 学生たちは、日本で準備した「授業計画書」に基づき、現地の小中学生に授業を行うとともに、毎日の活動の最後には、教職員・学生スタッフのファシリテーションのもと、1日の取組を学生同士で振り返り、翌日のための改善や新たな目標設定等を行うなどして、活動の充実に努めました。また、各学校での研修最終日には、滞在でお世話になった1週間の感謝を込め、全校児童・生徒を対象に日本文化紹介企画「ジャパン・フェスティバル」を実施し、日本の伝統的な遊びや運動会等を行うなどして交流を深めました。このほか、本研修の実施担当校である本学の教育・学生支援機構村田晋也講師ら教職員の代表者は、滞在中、サイパン市長らを表敬訪問し、当日の様子は、現地の新聞に取り上げられるなど、更に交流の輪が広がりました。

Mariana’s Variety(サイパン市長への表敬訪問を紹介)
Saipan Tribune(現地生徒との交流の模様を紹介)

<教育企画課>