受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

トピックス

Print Facebook Twitter
研究 学生 投稿日:2018.08.02
大学院理工学研究科博士前期課程1年の神田宗欣さん(CMES)の発表がSETAC Japan 2018年年会で優秀ポスター賞を受賞【7月20日(金)】

 平成30年7月20日に東京・台東区民会館で開催されたSETAC (Society of Environmental Toxicology and Chemistry)日本支部年会で、大学院理工学研究科博士前期課程1年、CMES化学汚染・毒性解析部門環境毒性学研究室(岩田久人教授)の神田宗欣さんが優秀ポスター賞を受賞しました。本賞は、学生によるポスター発表の中から、年会参加者による厳正な審査を経て選ばれました。

 神田さんの発表は、「In situ observation of chicken embryos treated with tris (2-chloroethyl) phosphate (TCEP) in the shell-less incubation system」という演題で、ニワトリ胚の殻無し孵化装置を作製し、有機リン系難燃剤であるTCEPの発生毒性を可視化して解析した点が評価されました。
 神田さんには、賞状と今秋に韓国テグ市で開催されるSETAC Asia-Pacific Conference 2018への参加費補助が副賞として贈呈されました。

授賞式(左:神田さん)

<沿岸環境科学研究センター>