受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

トピックス

Print Facebook Twitter
教育 研究 国際 学生 その他 投稿日:2018.11.07
平成30年度愛媛大学大学院連合農学研究科入学式を挙行しました【10月15日(月)】

 平成30年10月15日(月)11時から、本学、香川大学及び高知大学の関係者出席の下、平成30年10月愛媛大学大学院連合農学研究科入学式を愛媛大学農学部大会議室にて挙行し、留学生6人(バングラデシュ3人、台湾1人 、インドネシア2人、)を含めた8人が入学しました。加えて、SUIJI Joint Program Doctorの受入学生も入学式に列席しました。
 最初に役職員の紹介後、式典の開式の辞に続いて、大上博基連合農学研究科長が、「You all are expected to be leaders of your countries and bridges between Japan and each country. I expect you to develop academic networks between each other so that UGAS could be a hub of the academic collaboration.」と新入生への期待を込めたメッセージを送りました。

 

 式典終了後、出席者と入学生の指導教員も加わり、記念撮影を行いました。入学式当日は晴天に恵まれ、新入生一同晴れ晴れとした表情で写真撮影を行い、これからの学生生活への期待がうかがえました。

 

 その後に行われたオリエンテーションでは、留学生が日本に滞在する上での注意事項、証明書交付手続、連大の制度・学位取得要件、カリキュラム・履修関係等についての説明がありました。また、SUIJI推進室からは、SUIJIジョイント・プログラム・ドクターの説明がありました。

<大学院連合農学研究科>