受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

イベント

Print Facebook Twitter
開放事業 投稿日:2016.06.15
第1回LaMer共同利用研究集会「PCB講演会」

 2016年10月に神戸市で開催される国際PCBワークショップに先駆けて、国内のPCB関連の情報の集約と共有を目的とした講演会を開催します。本講演会では、PCBの環境動態、生態影響ならびに分解処理や高感度・迅速分析等の開発に取り組む大学、自治体、企業の研究者・技術者から幅広く 情報提供をいただき、PCB処理関係者はじめ一般の方々にも理解を深めていただく機会にしたいと考えています。
 参加費は無料ですので、ご関心のある方は是非ご来場ください。

日時

2016年6月21日(火)13:00~17:30(開場 12:30)

場所

愛媛大学南加記念ホール(城北キャンパス)

参加費

無料(どなたでも参加できます)

プログラム

開会挨拶

座長:高橋 知史(三浦工業)

13:05 【熊本地震特別企画】石橋 康弘(熊本県立大学環境共生学部環境資源学科)
 「熊本県の水銀フリーに向けた対策と本学の熊本地震被災状況報告」

13:35  髙橋 真(愛媛大学農学部環境計測学研究室)
 「PCBsおよびその他POPsによる地球環境汚染と生態影響」

14:15 徳山 崇彦(オオノ開發株式会社)
 「低濃度PCB廃棄物の処理と現況」

14:35 井関 龍(一般財団法人 愛媛県廃棄物処理センター)
 「低濃度PCB廃棄物の処理について(仮題)」

14:55  本田 昭洋(株式会社かんでんエンジニアリング)
 「(株)かんでんエンジニアリングのPCB処理への取り組み」

15:15 休憩

座長:髙橋真(愛媛大学)

15:30 三苫 好治(県立広島大学)
 「ナノカルシウムによるPCB汚染土壌の無排水式浄化技術」

16:00 渡辺 靖二(環境調査研修所)
 「環境媒体中のPCBs分析における精度管理のポイント」

16:30 高桑 裕史(アジレント・テクノロジー株式会社)
 「高感度トリプル四重極を用いたPCB 分析アプリケーションの紹介」

16:50 立石 典生(京都電子工業株式会社)
 「フロー式イムノセンサを用いたPCBの簡易迅速モニタリング法」

17:10 PCBワークショップ実行委員会
 「国際PCBワークショップ(第9回)」に向けた進捗報告」

閉会挨拶
(閉会後、別会場にて懇親会を予定)

第11回 PCB講演会(愛媛)チラシ(104KB)

主催・共催

主催:第9回国際PCBワークショップ実行委員会
共催:愛媛大学沿岸環境科学研究センター(CMES)、
     愛媛大学共同利用・共同研究拠点「化学汚染・沿岸環境研究拠点」(LaMer)、
        日本環境化学会、大阪大学環境安全研究管理センター共同研究拠点、
        神戸大学バイオシグナル総合研究センター、日本水環境学会MS技術研究委員会、
        NPO環境測定品質管理センター、JESCO

問い合わせ/懇親会申し込み先

農学部環境計測学研究室 岡崎 
MAIL:okazaki.yukiyo.zg@ehime-u.ac.jp