受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

イベント

Print Facebook Twitter
その他 投稿日:2018.01.18
プロテオサイエンスセンター第5回学術シンポジウム

 平成30年2月17日(土)に、「難病のプロテオ医学研究2018 運動器疾患の分子メカニズム解明と予防・治療」と題して、第5回学術シンポジウムを開催します。皆さまのご来場を心よりお待ちしております。 

日時

平成30年2月17日(土) 13:00~18:10

場所

愛媛大学医学部創立40周年記念講堂

 

【特別講演Ⅰ】
「骨格筋再生を制御するゲノムワイドな遺伝子制御機構―ヒストンの組成変化が拓く新たなエピゲノム制御―」
             九州大学生体防御医学研究所 教授 大川 恭行
【特別講演Ⅱ】
「骨格筋幹細胞の不均一性の分子基盤」
             長崎大学院医歯薬学総合研究科 准教授 小野 悠介
【特別講演Ⅲ】
「ステロイドによる筋萎縮の分子機構解明と臨床への橋渡し、
                        そして骨格筋の新しい役割の解明へ」
             東京大学医科学研究所 教授 田中 廣壽
【一般講演】
学内の運動器に関連する基礎・臨床研究をおこなっているプロテオサイエンスセンター、医学系研究科および農学研究科の5名の方々に、それぞれの研究と取り組みをお話しいただきます。

 

第5回学術シンポジウムポスターはこちらからご覧いただけます。

このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。 このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。 このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。

愛媛大学プロテオサイエンスセンター

Mail
saiboss@stu.ehime-u.ac.jp