受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

イベント

Print Facebook Twitter
開放事業 投稿日:2018.12.21
平成30年度 愛媛大学COC公開講座in松山市

 このイベントは、地(知)の拠点整備事業(COC事業)として「地域の再生を担う実践的人材の育成」を目的に、学生から社会人まで、地域の方全てを対象としています。

 今回は、愛媛大学防災情報研究センター 二神 透副センター長による「今後起きると想定される大規模災害に向けた平時の対応を考えよう」と題した基調講演の後、2018年7月7日に発生したえひめ豪雨災害の当事者及び支援者が集い、二神副センター長によるファシリテートで「今後の大規模災害に向けた支援者ネットワークを考えよう」をテーマにパネルディスカッションを行います。

開催日時

平成31年1月16日(水)18:00~20:30

場所

愛媛大学総合情報メディアセンター メディアホール

(松山市文京町3番)

内容

  • 主催者挨拶(18:00-18:05)
         愛媛大学理事・副学長 仁科 弘重
  • 共催者挨拶(18:05-18:10)
         松山市副市長 北澤 剛 氏
  • 基調講演(18:10-19:00)
         演題:「今後起きると想定される大規模災害に向けた平時の対応を考えよう」
         講師: 二神 透(愛媛大学防災情報研究センター副センター長)
  • 休憩(19:00-19:10) 
  • パネルディスカッション(19:10-20:30)
         テーマ:「今後の大規模災害に向けた支援者ネットワークを考えようう」
         パネリスト:木村 謙児 氏(特定非営利活動法人えひめリソースセンター理事)
                蔭原 政徳 氏(高浜自主防災会代表)
                山田 真左紀 氏(愛媛県社会福祉協議会地域福祉部地域福祉課主幹)
                松島 陽子 氏(U.grandma (うわじまグランマ)代表)
                玉井 公 氏(松山市消防局地域防災課市民防災担当消防司令補)
  •    ファシリテーター: 二神 透(愛媛大学防災情報研究センター副センター長)

入場料

無料

定員

100名(先着順)

受付期間

平成31年1月14日(月)まで

申込み先及び方法

愛媛大学COC企画運営部事務局(愛媛大学社会連携推進機構内)まで、メールまたはFAXでお申し込み下さい。

プログラムはこちら

チラシはこちら(283KB)

 

このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。 このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。 このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。

愛媛大学COC企画運営部事務局(愛媛大学社会連携推進機構内)

住所
〒790-8577 松山市文京町3番
Tel
089-927-8964
Fax
089-927-8820
Mail
coc@stu.ehime-u.ac.jp