受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

プレスリリース

Print Facebook Twitter
投稿日:2019.10.16
高効率でポリマーを合成できる新触媒の開発に成功!~ジアゾ酢酸エステルのC1重合のための新しいPd錯体開始剤系~

概要

ジアゾ酢酸エステルのC1重合のための2つの新しいPd錯体開始剤系が報告された。それらは、Pd(nq)2/borate (nq = naphthoquinone, borate = NaBPh4)と[Pd(cod)(Cl-nq)Cl/borate] [cod = 1,5-cyclooctadiene, Cl-nq = 2,3-dichloro-1,4-naphthoquinone]である。ジアゾ酢酸エステルの重合において、前者は高分子量のポリマーを高収率で与え、後者は立体構造が制御されたポリマーを与えた。

新しいPd錯体開始剤系によるジアゾ酢酸エステルのC1重合

図1:新しいPd錯体開始剤系によるジアゾ酢酸エステルのC1重合

ビニル重合とC1重合

図2:ビニル重合とC1重合

プレスリリース資料はこちら(PDFファイル 1,026KB)

 

このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。 このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。 このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。

大学院理工学研究科 教授 井原 栄治

Tel
089-927-8547
Mail
ihara@ehime-u.ac.jp