受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

プレスリリース

Print Facebook Twitter
投稿日:2019.10.31
遺伝情報の読み取りを強化するtRNAのメチル化の仕組みを構造解析と生化学解析により解明~真核生物Trm7-Trm734複合tRNAメチル化酵素の基質tRNA選択性とサブユニットの役割~

概要

愛媛大学と高エネルギー加速器研究機構の研究グループは共同で、真核生物tRNAのアンチコドン一文字目のリボースをメチル化するTrm7-Trm734複合体の構造解析を行ない、その構造をもとに、この複合体が特定のtRNAのみをメチル化する仕組みや各サブユニットの役割を、分子・原子レベルで解明することに成功しました。本研究の成果は、2019年10月5日に英国のOxford University Pressが発行する科学誌Nucleic Acids Research 電子版に先行掲載されました。

図:Trm7-Trm734の構造とtRNAとの相互作用モデル

図:Trm7-Trm734の構造とtRNAとの相互作用モデル

プレスリリース資料はこちら(PDFファイル 1,316KB)

このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。 このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。 このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。

愛媛大学理工学研究科 教授 堀 弘幸

Tel
089-927-8548
Mail
hori.hiroyuki.my@ehime-u.ac.jp