受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

プレスリリース

Print Facebook Twitter
投稿日:2020.06.25
産官学の共同研究成果『果実の酢酸菌甘酒(ゼリータイプ)』を発表 

概要

このたび、愛媛大学大学院農学研究科の阿野嘉孝准教授と、愛媛県産業技術研究所、森文醸造株式会社が共同研究を進め、米こうじ甘酒を2次発酵させた新しい商品を発表します。

愛媛県の豊富な果物等から、愛媛大学農学部学生、愛媛大学附属高等学校理科部員が採集した酢酸菌「えひめ果実の酢酸菌」を、日本の伝統的発酵飲料「米こうじ甘酒」に作用させた商品です。「えひめ果実の酢酸菌」の中から、この商品のために選抜された酢酸菌「AiF85株」による2次発酵によって、甘酒の成分から生み出されるグルコン酸に加え、乳酸菌(殺菌)、ガラクトオリゴ糖が腸内ビフィズス菌の増殖を促します。

お酢とは異なるすっきりとした酸味で、元気とキレイを実感してください。

本商品は、県内販売店のほか、森文醸造株式会社の通信販売サイトからも購入できます。
森文醸造株式会社ホームページ

プレスリリース資料はこちら(PDF 580KB)

このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。 このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。 このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。

愛媛大学大学院農学研究科 (農学研究科附属食品健康科学研究センター兼務) 准教授 阿野嘉孝

Tel
089-946-9708
Mail
ano.yoshitaka.mf@ehime-u.ac.jp