アーカイブ

プレスリリース

Print Facebook Twitter
投稿日:2021.03.01
【3月7日~13日】~早期発見、継続治療で緑内障による失明を減らそう~ 「ライトアップinグリーン運動」を展開

 緑内障発見のための啓発運動期間として「世界緑内障週間(3月7日~13日)」が設定されおり、愛媛県では、3月 9日(火)に「いよてつ髙島屋大観覧車:くるりん」、3月12日(金)~13日(土)に「今治市公会堂」、3月13日(土)に「今治国際ホテル」が、キャンペーンカラーである緑色にライトアップされます (他にも県内様々な箇所でライトアップされます)。
 緑内障は、日本人の視覚障害の原因疾患の第1位となっており、40歳以上の20人に1人は罹患していると言われています。緑内障は、初期の自覚症状が極めて少なく、かなり進行するまで気がつかない場合もありますが、早期に発見し治療を継続することで失明に至る可能性は大幅に減ってきています。
 本キャンペーンを通じ、緑内障についての知識や早期発見、継続治療の重要性等を知っていただき、40歳を過ぎたら眼の検診を定期的に受けるよう呼びかけていくこととしています。

日時

令和3年3月9日(火)18時~22時いよてつ髙島屋大観覧車くるりん
3月12日(金)~13日(土)17時~22時今治市公会堂
3月13日(土)17時~22時今治国際ホテル

※ 他にも県内様々な箇所でライトアップされます。

実施概要

詳細は下記URLをご覧ください。

ライトアップinグリーン運動(日本緑内障学会Webサイト)

実施団体

日本緑内障学会、ライトアップinグリーン実行委員会

後援

公益財団法人日本眼科学会、公益社団法人日本眼科医会

プレスリリース資料はこちら(PDF 1,726KB)

このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。 このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。 このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。

愛媛大学大学院医学系研究科 眼科学講座 溝上

Tel
089-960-5361
Mail
mizoue@m.ehime-u.ac.jp