アーカイブ

プレスリリース

Print Facebook Twitter
投稿日:2021.06.11
観測史上最古、131億年前の銀河に吹き荒れる超巨大ブラックホールの嵐

国立天文台、愛媛大学宇宙進化研究センター 松岡良樹准教授らの研究グループは、アルマ望遠鏡およびすばる望遠鏡による観測で得られた研究成果について、次のとおりウェブサイトでの発表を行います。本件は、愛媛大学が主導して発見された太古の銀河についての新たな知見に関するものです。

発表タイトル

観測史上最古、131億年前の銀河に吹き荒れる超巨大ブラックホールの嵐

発表者

泉 拓磨(自然科学研究機構 国立天文台 特任助教(国立天文台フェロー) ) ほか

発表機関

自然科学研究機構 国立天文台、愛媛大学、東京大学大学院 理学系研究科、理化学研究所

発表内容に関するウェブサイト掲載予定

国立天文台 アルマプロジェクト
国立天文台 すばる望遠鏡
国立天文台

プレスリリース資料はこちら(PDFファイル 889KB)

このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。 このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。 このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。

愛媛大学宇宙進化研究センター 准教授 松岡良樹

Tel
089-927-9579
Mail
yk.matsuoka@cosmos.phys.sci.ehime-u.ac.jp