アーカイブ

プレスリリース

Print Facebook Twitter
投稿日:2016.10.18
地球内部に最も多いブリッジマナイトの結晶選択配向の決定沈み込んでいくプレートの流れる方向を解明~火山や地震に影響を与えるマントルダイナミクスの解明に前進~

岡山大学惑星物質研究所の辻野典秀JSPS特別研究員(PD)、山崎大輔准教授と愛媛大学、神戸大学、公益財団法人高輝度光科学研究センター(JASRI)、東京工業大学の共同研究グループは、地球内部で最も多く存在するブリッジマナイト多結晶体のせん断変形による結晶選択配向を実験により解明。スラブ(沈み込んだプレート)近傍の地球下部マントルの流れ場を明らかにしました。本研究結果は10月17日(英国時間午後4時)、英国の科学雑誌「Nature」のLetterとして公開されます。
本研究成果により、地震波異方性が観察されている領域の流れ場を明らかにすることができ、火山や地震に影響を与えるマントルダイナミクスに重要な知見を与えることが期待されます。

論文情報等

論文名:Mantle dynamics inferred from the crystallographic-preferred-orientation of bridgmanite 「ブリッジマナイトの結晶選択配向から読み解くマントルダイナミクス(仮)」
掲載誌:Nature, DOI 10.1038/nature19777
著者:Noriyoshi Tsujino, Yu Nishihara, Daisuke Yamazaki, Yusuke Seto, Yuji Higo, Eiichi Takahashi

この研究は辻野典秀JSPS特別研究員の東京工業大学での博士論文研究を発端とし、JSPS KAKENHI Grant Number 15J09669によって支援されました。

※詳細はプレスリリース資料をご参照ください。

プレスリリース資料はこちら(PDFファイル 298KB)

このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。 このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。 このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。

愛媛大学地球深部ダイナミクス研究センター(GRC) 准教授 西原 遊

Tel
089-927-8150
Fax
089-927-8405
Mail
yunishi@sci.ehime-u.ac.jp