受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

プレスリリース

Print Facebook Twitter
投稿日:2016.10.19
世界初の取り組みでオオムギうどんこ病菌の病原性因子を発見!~うどんこ病抵抗性品種の育種研究に活路~

マックスプランク植物育種学研究所(ドイツ)の前川隆紀上級研究員とPaul Schulze-Lefert 教授、愛媛大学大学院農学研究科の八丈野孝准教授らの国際共同研究グループは、日本をはじめイギリス、ドイツ、デンマーク、スウェーデン、アメリカ、オーストラリアなど世界各地から収集したオオムギうどんこ病菌の遺伝子を比較解析し、遺伝子配列の違いと形質との関連を統計的に解析する手法によって、2つの病原性因子を新たに発見しました。
うどんこ病菌は、オオムギやコムギなどの麦類や様々な作物に感染して大幅な収量低下をもたらす病原菌です。この研究成果により、新たな品種の育種研究を効率的に展開でき、持続可能で安定した栽培を実現できるようになると期待されます。
なお、本研究成果は、米国科学アカデミー紀要『Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America: PNAS』のオンライン版(10月4日付け:日本時間10月5日)に掲載されました。

論文情報

掲載誌:Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America
題名:Allelic barley MLA immune receptors recognize sequence-unrelated avirulence effectors of the powdery
mildew pathogen
著者:Xunli Lu1, Barbara Kracher1, Isabel Saur1, Saskia Bauer1, Simon R. Ellwood2, Roger Wise3, Takashi Yaeno4,
Takaki Maekawa1, and Paul Schulze-Lefert1
1. Department of Plant-Microbe Interactions, Max Planck Institute for Plant Breeding Researh, Cologne, Germany,
2. Department of Environment and Agriculture, Curtin University, Perth, Australia, 3. Department of Plant
Pathology and Microbiology, Center for Plant Responses to Environmental Stresses, Iowa State University, IA,
USA, 4. Faculty of Agriculture, Ehime University, Ehime, Japan.

※詳細はプレスリリース資料をご参照ください。

プレスリリース資料はこちら(PDFファイル 604KB)

このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。 このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。 このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。

愛媛大学大学院農学研究科食料生産学専攻植物病学研究室 准教授 八丈野 孝

Tel
089-946-9813
Mail
yaeno@agr.ehime-u.ac.jp