受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

プレスリリース

Print Facebook Twitter
投稿日:2017.04.14
【4月21日】産官学金共同開発製品『吟醸eポーク』の発表-免疫促進機能を特徴とする飼料で飼育-(記者説明会及び試食会を実施)

愛媛大学では、株式会社愛媛銀行に仲介いただいた西条市のマルノー物産株式会社、更に西条市を加えた産官学金連携により、免疫促進機能を特徴とする飼料を共同開発しました。この飼料を使って飼育した豚を『吟醸eポーク』と命名し、このたび販売を開始する運びとなりました。
この『吟醸eポーク』は、西条市の石鎚酒造株式会社の酒粕と、伊方サービス株式会社(伊方町)の温州ミカン果皮粉末を配合した、免疫機能を促進する効果のある飼料で飼育したもので、サッパリとした柔らかい肉質が特徴となっています。
なお、飼料開発については、中小企業庁「ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金」を活用しました。

日時

平成29年4月21日(金)11時00分~

場所

西条市地域創生センター3階 大研修室(西条市ひうち1番16)

出席者

愛媛大学 大橋 裕一 学長
西条市 玉井 敏久 市長(代理:武田 仁志 副市長)
株式会社愛媛銀行 遠藤 明弘 代表取締役常務
マルノー物産株式会社 河村 竜介 代表取締役社長
愛媛大学 菅原 卓也 学長特別補佐

プレスリリース資料はこちら(PDFファイル 115KB)

このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。 このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。 このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。

地域協働センター西条 渡部 博和

Tel
0897-47-8478
Fax
089-927-9025
Mail
saijo@stu.ehime-u.ac.jp