受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

プレスリリース

Print Facebook Twitter
投稿日:2019.04.18
【4月20日~4月22日】「宇和海沿岸地域事前復興デザイン研究センター」からのお知らせ

 愛媛大学、東京大学、愛媛県及び宇和海沿岸5市町(宇和島市、八幡浜市、西予市、伊方町、愛南町)が官学連携し、平成30年度から実施している「南海トラフ地震事前復興共同研究」の取り組みとして、事前復興プラン策定のための現地調査を実施しますので、お知らせします。本調査は、愛媛大学と東京大学の大学院生と教員の総勢80名が5市町のモデル地区を踏査するとともに、地元の方々への昨年度成果の報告・意見交換会を行うものです。

【4月20日(土)】
午 後      各地区の現地調査(愛媛大学・東京大学の7グループが分散して調査)
16:00~17:00  八幡浜市地区の報告・意見交換会 〔八幡浜市の研究センター〕
17:30~18:30  レクチャー講演会 〔八幡浜市会議室〕
※ 15:30に、八幡浜市の宇和海沿岸地域事前復興デザイン研究センターで取材対応を行います。

【4月21日(日)】
午前・午後   各地区の現地調査(愛媛大学・東京大学の7グループが分散して調査)
13:30~14:30  伊方町地区の報告・意見交換会 〔三崎支所〕
13:30~14:30  西予市地区の報告・意見交換会 〔高山公民館〕
11:00~12:00  宇和島市地区の報告・意見交換会 〔宇和島市役所〕
11:00~12:00  愛南町御荘地区の報告・意見交換会 〔平城公民館〕
16:00~17:00  愛南町家串地区の報告・意見交換会 〔家串公民館〕

【4月22日(月)】
午 前      各地区の現地調査(愛媛大学・東京大学の7グループが分散して調査)
14:00~16:00  調査成果のグループ発表会 〔愛媛県八幡浜支局中会議室)

【南海トラフ地震事前復興共同研究】(H30~32 年度)

愛媛大学、東京大学、愛媛県及び宇和海沿岸5市町(宇和島市、八幡浜市、西予市、伊方町、愛南町)が共同で、南海トラフ巨大地震が発生した場合に地震・津波被害からの迅速な復旧・復興を図り、災害時の社会経済への影響を最小限にとどめるための「事前復興」促進に向けた官学連携型実践的共同研究。

「南海トラフ地震事前復興共同研究」 と 「宇和海沿岸地域事前復興デザイン研究センター」については、Webページhttp://www.cee.ehime-u.ac.jp/~rd/index.htmlをご覧ください。

プレスリリース資料はこちら(PDFファイル 404KB)

このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。 このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。 このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。

社会連携課防災情報研究センター 教授 山本浩司

Tel
089-927-9021
Mail
kensien@stu.ehime-u.ac.jp