受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

プレスリリース

Print Facebook Twitter
投稿日:2019.07.12
【7月23日】前立腺がんの細胞増殖および骨転移を制御する分子を発見-新規治療および骨転移の予防方法の開発に貢献-(記者会見の実施)

 このたび、プロテオサイエンスセンター病態生理解析部門 今井祐記教授、大学院医学系研究科泌尿器科学講座 の雑賀隆史教授、沢田雄一郎大学院生らの共同研究グループは、前立腺がんの骨転移を制御する遺伝子であるGPRC5Aを同定し、GPRC5Aが前立腺がん細胞の増殖と骨への転移を制御していることを明らかにしました。
 本研究成果により、前立腺がん進展の病態の解明と新規治療方法および骨転移の診断、予防や骨転移発生の予測の治療基盤の構築が進むと期待できます。
 この研究成果に関する論文は、2019年7月5日付けで 『International Journal of Cancer』 に掲載されています。

日時

令和元年7月23日(火)14時00分~

場所

愛媛大学医学部管理棟(2F)中会議室

会見者

プロテオサイエンスセンター 教授 今井 祐記
大学院医学系研究科 教授 雑賀 隆史
大学院医学系研究科 沢田 雄一郎

駐車場

有(無料駐車券をお渡ししますので、受付にお申し出ください。)
※記者会見終了後、研究室見学を予定していますので、ご参加ください。

プレスリリース資料はこちら(PDFファイル 1,701KB)

 

このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。 このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。 このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。

プロテオサイエンスセンター 今井祐記

Tel
089-960-5925
Mail
y-imai@m.ehime-u.ac.jp