受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

トピックス

Print Facebook Twitter
地域 投稿日:2020.11.27
工学部本館南側広場愛称「e-スクエア」の決定について【11月25日(水)】

 令和2年11月25日(水)、工学部本館南側広場において、大橋裕一学長をはじめ、関係者出席のもと、広場改修工事のお披露目式を開催しました。

 平成31年4月からの構内全面禁煙に伴い、同所にあった喫煙所を廃止し、学生の食事場所及び教員と学生の交流の場所として改修したものです。ウッドデッキ調のベンチとオレンジ色のパラソルが明るい日差しに照らされ、学生の笑い声が響く新しい空間が完成しました。

新しくなった広場の様子

 今回の改修に際し、広場の愛称を学内で募集し、40人の学生・教職員から39点の応募があり、一次選考を経て選ばれた7点から、投票によって「e-スクエア(イースクエア)」に決定しました。

 お披露目式では、愛称の命名者である大学院理工学研究科博士前期課程1年生の酒井孝一郎さんに、大橋学長から副賞が贈られました

大橋学長から副賞を受け取る酒井さん

 「e-スクエア」が学生、教職員はもとより、地域の皆様に気軽にご利用いただき、城北キャンパスの新しいスポットとなりますよう願っております。

「e-スクエア」命名の意図

 「e」は、愛媛大学のeやエコロジーのeなど、人それぞれ思い浮かべるものはいろいろあるでしょう。
 それを2乗(スクエア)するのと、広場(スクエア)をかけて、「e-スクエア」と命名しました。

<工学部>