受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

トピックス

Print Facebook Twitter
研究 投稿日:2016.05.26
大学院農学研究科の高山弘太郎准教授が農業情報学会「学術奨励賞」を受賞しました【5月18日(水)】

 平成28年5月18日(水)〜19日(木)、東京大学弥生講堂で開催された農業情報学会2016年度年次大会で、大学院農学研究科食料生産学科植物工場システム学コースの高山弘太郎准教授が、農業情報学会「学術奨励賞」を受賞しました。
 本賞は、独創性・発展性のある研究業績を精力的に蓄積しつつある若手研究者に贈られるものであり、高山准教授の「施設生産に実装可能な植物生体計測・活用技術の開発」に関する研究が、農業情報学の進歩に寄与し将来の発展が期待できるものとして評価されました。
 また、同大会で開催された若手ポスター発表では、高山准教授の研究グループから発表した大学院連合農学研究科博士課程2年の下元耕太さんと大学院農学研究科1年の稲葉一恵さんが、若手研究者イノベーション賞(8発表中の2発表が受賞)を受賞しました。

学術奨励賞