アーカイブ

トピックス

Print Facebook Twitter
教育 研究 地域 投稿日:2021.04.15
寄附講座「社会インフラメンテナンス工学講座」を設置しました【4月1日(木)】

 令和3年4月1日(木)、株式会社芙蓉コンサルタントからの寄附により、大学院理工学研究科に寄附講座「社会インフラメンテナンス工学講座」を設置しました。

 本講座は、社会インフラのメンテナンスとマネジメントにおける実務経験を取りまとめ、活用することで、地方からの要請に応える技術研究(社会インフラの点検・診断・監視・統合・3次元化)を行います。また、それらをDX(Digital Transformation)として活用するインフラマネジメントの研究開発及び教育を行うことを目的としています。

 少子高齢化、人口減少及び老朽化の影響により、社会インフラの維持管理における、財政や担い手の不足など、様々な問題が懸念されています。特に社会インフラの7割近くを管理する地方自治体(県市町)では、社会インフラのマネジメント体制の構築やそれらを担う人材育成が喫緊の課題となっています。これらの課題に対し、地方の視点から寄与できるよう、取り組んでまいります。

 詳細は下部リンクにてご確認ください。

 

寄附講座「社会インフラメンテナンス工学講座」HP

<工学部>