アーカイブ

トピックス

Print Facebook Twitter
研究 投稿日:2021.07.12
大学院農学研究科の和田博史教授、野並浩名誉教授が「日本質量分析学会会誌賞」を受賞しました【5月20日(木)】

 令和3年5月20日(木)、一般社団法人日本質量分析学会が主催する「第69回質量分析総合討論会」において、愛媛大学大学院農学研究科の和田博史教授、野並浩名誉教授が山梨大学工学部の平岡賢三特命教授らとともに「日本質量分析学会会誌賞」を受賞しました。本賞は、本会の会誌に掲載された著作が質量分析学に大きく貢献したと認められる著者に授与されるものです。

 本研究では、探針エレクトロスプレーイオン化質量分析法の開発、特にシースフロー探針エレクトロスプレーイオン化質量分析法の開発と農業・食品分野における微量分析への応用が高く評価されました。

 なお、論文についてはこちらをご参照ください。
Mass Spectrometry

 

<大学院農学研究科>