アーカイブ

トピックス

Print Facebook Twitter
学生 奨学金制度 投稿日:2021.09.15
【日本学生支援機構】新型コロナウイルス感染症の影響を受けた学生に対する緊急対応の申請について

期日前交付申請について

 すでに日本学生支援機構の第一種奨学生・第二種奨学生として採用されている方で、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、早期にまとまったお金が必要となった学生への支援として、貸与奨学金の期日前交付の申請が可能です。

 令和3年12月の貸与奨学金振込日(令和3年12月10日)に、1月分及び2月分が期日前に振り込まれます。次の奨学金の振込は、令和4年3月になります。令和4年3月に満期を迎える方は、令和4年2月10日に令和4年3月分(1か月分)のみ振り込まれます。

 申請を希望する方は、以下のメールアドレス宛てに期日前交付申請を希望する旨を連絡し、「期日前交付申請書」をダウンロード・記入して、令和3年11月1日(月)必着で学生生活支援チームまで郵送してください。

対象

学部生・大学院生

提出書類・連絡先

期日前交付申請書(PDFファイル 236KB)

メール件名期日前交付申請希望
記入必須事項①氏名
②学部・研究科
③学生証番号
メール送付先宛先:学生生活支援チーム
メールアドレス:syougaku@stu.ehime-u.ac.jp

休学中の学生等を対象とした第二種奨学金の継続貸与(採用後の支援)

 第二種奨学金の貸与を受けている方で、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、令和3年度中に休学しボランティアに参加する等の活動を行う方で、学校長がその休学期間の活動が有意義であると認めた方について、休学中も貸与を最大1年継続する申請をすることができます。
 申請を希望する方は、以下の連絡先までお問い合わせください。
(学生生活支援課学生生活支援チーム:089-927-9168)

対象

学部生・大学院生

・第二種奨学金の貸与を受けている方
・新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、令和3年度中に休学しボランティアに参加する等(学びの複線化)の活動を行う方
※申請時において既に復学している方は対象外
・休学期間の活動が有意義であること、及び奨学金貸与の必要性を学校長が認める方

貸与期間

・活動を開始した月から最大1年間
※当該休学期間における活動開始年月が令和3年4月~令和4年3月の方
休学中に貸与を受けた期間は、貸与期間(修業年限内)に含みます。

申請締切

最終締切:令和3年12月10日(金)
※当該活動を行う2か月前から、開始後2か月後までを目安として申請してください。

このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。 このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。 このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。

学生生活支援課学生生活支援チーム

住所
〒790-8577
愛媛県松山市文京町3
Tel
089-927-9168
Mail
syougaku@stu.ehime-u.ac.jp