アーカイブ

トピックス

Print Facebook Twitter
学生 奨学金制度 投稿日:2021.12.03
【日本学生支援機構】奨学金継続願の提出及び適格認定について

 日本学生支援機構奨学金の貸与及び給付の奨学生(学部生・院生)は、来年度からの奨学金継続の意思について、「継続願」にて提出(入力)する必要があります。継続を希望しない場合もその旨入力する必要がありますので、以下の【手続きの流れ】を確認の上、期間内に必ず入力してください。
※継続願の入力は、スカラネット・パーソナルから行います。まだ登録していない方は、必ず事前に登録しておいてください。
※対象者には、近日中に修学支援システム等からお知らせします。
説明スライド(PDFファイル 1,321KB)

入力対象者

●貸与奨学生
・2021年10月末現在「奨学金振込中」の者
・「保留中」の者で昨年度の「貸与額通知」に表示された「振込明細」(2020年12月)以降の振り込みがある者

●給付奨学生
2021年10月までの採用者で、奨学金「振込中」・「保留中」・「停止中」の者

※いずれも2021年度内満期者を除く。
※上記内容は、スカラネット・パーソナルから確認してください。
※貸与・給付ともに該当する場合は、両方の奨学生番号について入力が必要です。

手続きの流れ

1. スカラネット・パーソナルに事前登録する。
  未登録の方は、必ず事前に登録しておいてください。
  スカラネット登録方法
   ※スカラネット・パーソナルへの登録には、奨学生番号や振込口座番号等が必要です。
   ※併用貸与の方は、どちらか一方の奨学生番号の登録で構いません。

2. スカラネット・パーソナルで貸与額等を確認する。

3. 「奨学金継続願」入力準備用紙に回答を記入する。
   入力準備用紙は以下からダウンロードしてください。 
   貸与奨学金・学部生用(PDFファイル 1,479KB)
   貸与奨学金・大学院生用(PDFファイル 1,556KB)
   新制度給付奨学金(PDFファイル 2,069KB)
   旧制度給付奨学金(PDFファイル 2,035KB)

4.スカラネット・パーソナルから「奨学金継続願」を入力する。
  入力期間:2021年12月15日(水)~2022年1月10日(月)
  入力時間:8:00~25:00
  ※土日祝日も入力できます。
  ※12月29日~1月3日は、年末年始のため入力できません。

【!注意!】
  • 上記期間内に入力しないと、奨学金は「廃止」(給付の場合は、「停止」)となります。
  • 「継続」を希望しても適格認定で「停止」「廃止」の判定となると、奨学金の振込は止まります。

適格認定とは

 提出された「奨学金継続願」の内容と学業成績等を大学が総合的に審査し、適格基準に基づき奨学金継続の可否等を判断することを「適格認定」といいます。
 従って、「奨学金継続願」を提出したからといって、必ずしも継続して貸与・給付されるわけではありません。
 愛媛大学の適格認定基準は以下のとおりです。

貸与奨学金 適格認定基準(PDFファイル 187KB)
(新制度)給付奨学金 適格認定基準(PDFファイル 131KB)
(旧制度)給付奨学金 適格認定基準(PDFファイル 187KB)

【参考】日本学生支援機構HP
貸与奨学金継続願の提出
給付奨学金継続願の提出

このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。 このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。 このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。

教育学生支援部学生生活支援課奨学金担当

Tel
089-927-9168
Mail
syougaku@stu.ehime-u.ac.jp