受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

トピックス

Print Facebook Twitter
研究 学生 投稿日:2016.06.16
沿岸環境科学研究センター(CMES)の学生が第25回環境化学討論会で優秀学生賞を受賞しました

 平成28年6月8日(水)~10日(金)の間、朱鷺メッセ(新潟コンベンションセンター)で開催された第25回環境化学討論会で、本学沿岸環境科学研究センター化学汚染・毒性解析部門の芳之内結加さん(大学院理工学研究科博士後期課程1年生)が博士課程部門の優秀学生賞を、松下尚史さん(大学院理工学研究科博士前期課程2年生)が修士課程部門の優秀学生賞を受賞しました。同賞は厳正な審査を経て、多数の若手対象者の中から7人(博士課程3人、修士課程4人)に与えられたものです。なお、受賞学生の研究は、沿岸環境科学研究センターの岩田久人教授と国末達也教授の指導のもとで取り組んだもので、発表題目は以下のとおりです。

博士課程部門優秀学生賞
●芳之内結加:水酸化PCBによるバイカルアザラシ エストロゲン受容体転写活性化能とその分子機構

修士課程部門優秀学生賞
●松下尚史:ガーナe-waste処理場の土壌に残留する有機ハロゲン化合物の網羅分析

芳之内さん(左) 松下さん(右)