受験生
在校生・保護者
卒業生
企業・研究者
地域・一般
教職員
基金室
アーカイブ

トピックス

Print Facebook Twitter
地域 投稿日:2016.07.01
愛媛大学図書館防犯講習会を開催しました【6月28日(火)】

 平成28年6月28日(火)、愛媛大学図書館では、松山東警察署生活安全課の城戸晋警部補を講師に迎え、防犯講習会を開催し、図書館職員をはじめ約40人が参加しました。
 まず始めに、2階サービスカウンターで不審者対応訓練を行いました。不審者がストーカーであるケースと精神不安定者であるケースについて、不審者役に扮した警察官を相手に、図書館職員がさすまたを使って防御し、実際に110番通報する等の実技を行った後、城戸警部補から指導がありました。さすまたの効果的な使い方や、不審者の特徴を覚えるコツ等の指導を受け、不審者との距離の取り方や、職員同士の連携が大切であることを学びました。

 

 続いて、「大学構内における不審者対応について」というテーマで城戸警部補が講義を行い、「気持ちを落ち着かせて冷静な対応を心がけることが大切で、自分の命を最優先に行動してほしい」と述べました。参加者は、不審者対応の際には、大きな声を出すこと、できるだけ複数人で対応すること、危険な時は逃げることが重要であることを学びました。
 最後に、受講者全員が二人一組となり、護身術を練習しました。
 今回の講習会は、職員一人ひとりの防犯に対する意識と知識を高める貴重な機会となりました。